「ゆっくり茶番劇」 と言う言葉を商標登録して、他の人間に使用権の請求を為たと言うことでニュースになっていますが この言葉って結構前からあって、いろいろなところで使っていたかと思います

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

問題は無いですけど、ソレをすると ゆっくり饅頭を作ったイラストレーターや東方プロジェクトのzunさんが今後は、著作権侵害で間違い無く彼を潰しに掛かるでしょうね。 あの人は余りにも頭がアレな人らしいですよwww 小学生が考えても今回の結果は想像出来た筈ですよねww まぁ今は一時的に再生回数が伸びているそうですが、彼には悲惨な末路しか待って無くでしょうねww 何れ確実に商標権は手放すでしょうけど既に手遅れでしょうねwww

0

何の問題もありません。 ビジネスの世界において当たり前に行われていることであり、声高に文句を言っているのは狭い社会しか知らない人たちだけです。

0

私は不勉強で「ゆっくり茶番劇」という言葉が広く使われて、普通名称化していたかどうかはわかりません(「ゆっくり○○」というモノは認識していました。)ので、それを理由として商標権が認められないとすべきかどうかは分かりません。 その権利を主張する人間との使用許諾契約が気に入らないなら結ばなければいいだけの話であり、かりに権利を主張する人間に訴えられたとしてもその商標を登録前から使っていたなら権利を主張する人間の訴えが認められることはありません。 やり方により犯罪となる可能性はありますが、どんな理由でいくら請求をしようと基本的に自由です。そんなことはだれもしませんが、知恵袋の回答者が質問者に何らかの金銭を請求すること自体は法的な問題は基本的に発生しません。