JINSのメガネを使っています。 メガネのコーティング剤は何が使われているのでしょうか? 熱や石鹸に弱いとは知らず、何年もお風呂で石鹸で洗っていました。 成分が溶け出して危険な事はありますでしょうか?

ベストアンサー

0

ちなみに「コーティング剤が溶けるのは溶剤関連が付着した場合ですね」と言ってる人がいますが、いわゆる有機溶剤ではコーティングは溶けません。 そもそも無機質(金属、鉱物)のコーティングは有機溶剤で溶けることはあり得ません。 メガネのコーティングに使われる無機有機ハイブリッドコーティングもその特性は無機質に近く、耐薬品性が極めて高くなってて有機溶剤で溶けることはまずないです。 もう一つ、コーティングは経年劣化しません。 レンズの基材自体はプラスチックなので、年数が経つと黄変などを起こし劣化しますが、コーティングはそのようなことはありません。 コーティングが劣化するのはアルカリ水溶液などによる化学変化か、もしくは拭き取り時の傷などの物理的な損傷によるものです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!

お礼日時:5/23 9:52

その他の回答(2件)

0

曇り止めコーティング以外は普通の家庭用洗剤への耐久性が有りますよ。 60度以上とかの高温で無ければ問題はほぼ有りませんね。 コーティング剤が溶けるのは溶剤関連が付着した場合ですね。 (メガネ使用歴50年、近視/乱視/老視) _(._.)_

0

メガネレンズのコーテイングは硬い樹脂と金属から成り立っております。 で、それらは酸性・アルカリ性を嫌います。僅かについたレンズ面の傷の中に石鹸(アルカリ性)が浸透して化学反応を起こし表面がもろくなったと思われます。そのもろくなった部分が少し剥がれると、何だろうと思って拭いていると、拭けば拭くほどコーテイングが剥がれていくのが広がったと思います。 特に金属コート(グリーン反射やマゼンタ色など)が剥がれると、テカテカと目立ちます。。。 この剥がれた部分の厚みは数ミクロンと言われています。 (個人的には、20ミクロン位かなと思っています) 溶けたというか・・・たまにある、剥がれと思われますので心配はありません。 レンズ面を蛍光灯にかざしてみて、グリーン色orマゼンタ色が、白くテカテカしていれば心配ありませんが、メガネを掛けたときにその剥がれた部分が気になるだけです。。 あまり、良い見え方にはなりませんよね。。。 残念ではありますが、レンズの修復は出来ないのです・・・