上杉謙信が死ぬまで織田との同盟を維持し一向衆と抗争し続け御館で勝利した景勝も同盟を維持してやがて従属してれば上杉家はどうなったと思いますか?

日本史64閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

上杉謙信の病死は、天正六(1578)年三月十三日で、それまでは柴田勝家の北陸方面軍と共に越中・加賀の一向一揆勢を攻め、能登まで攻めるのか、又はこれらは勝家に任せ、謙信自身は川中島方面から上野に進んだかです。 私は、後者だと思います。 すると、謙信の敵は武田勝頼、北条氏政・氏直父子となります。 織田信長は、謙信の死後は景勝を支持し、「御館の乱」は起きずに、景勝と共に、勝家の北陸方面軍は勝頼、氏政・氏直父子を攻めたことでしょう。 そうなると、氏政・氏直父子がいつの時点で信長に降るかとなります。 史実よりは早く、信長は越中・加賀・能登を手に入れ、武田・北条攻めを始めていたことでしょう。 本能寺の変が起きるか否かは定かではありませんが、日本全国の情勢は信長の支配という流れになっていたと思います。