回答(5件)

0

クルド人による独立国家を樹立しようとして、トルコ国内でテロ手段で武力闘争している「クルド人武装勢力の幹部」が、 国外逃亡先として!フィンランドとスウェーデンを選び、同国政府は、 「そういう人物」と解かっていて!「受け入れている!」から、 「そういうテロリストをかくまう国を、NATOに加入させるべきではない」 というのが「トルコのエルドアン大統領の考え」であって、これが反対理由です

1

トルコ国内のクルド人勢力に対し、2国が支援している。 更に2国がトルコに対し武器輸出制限をしている。 以上が反対理由です。

1人がナイス!しています

0

トルコにクルド人問題があるのになんでNATOに加盟できてるかってところよ。アメリカにとっちゃ中東諸国の頭を抑える重要の位置にトルコが或る。中東アメリカ軍支店なんよ。そんでクルド人問題は見てないふりして加入OKにしちゃった。だから「クルド人問題なんか存在してないでしょ。NATOさん」って態度なん。「存在してない問題なんだから、反対されても困るよね、NATOさん」とゴリってきているのです。

2

トルコ国内のクルド人問題について、フィンランドやスウェーデンがクルド人を擁護する立場をとっていることから、それがトルコには気に入らない、といったところ。 詳細は記事を読んだらいいでしょう トルコの反対…フィンランド・スウェーデンのNATO加盟に壁 https://news.yahoo.co.jp/articles/87f68263e296957571ce4a47568ad15add356a69

2人がナイス!しています

0

ニュースでは教えてくれない。とっておきの情報を教えましょう いま世界ではG7とBRICSの覇権争いがおきています。戦争の背後にはそれがあります。トルコが反対するというのはどちら側の立場だからかわかりますね?