ID非公開

2022/5/17 18:29

66回答

通勤用途でバイク購入を検討しており、見た目と予算の都合で250ccのフルカウルスポーツであるジクサーsf250とGSX250Rが今のところ候補となっています。

バイク | 新車141閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(5件)

0

防風性はどちらも変わらない。 風の当たり方はネイキッドとほとんど変わらない。 振動などを考慮するとGSX250Rです。 一般道を6速60km/hで走行する時のエンジンがすごく滑らかに回る感じはすごく気持ちいい。 防風性がいいのはVストローム250です。 通勤用途ならスクーターの方が便利です。 防風性もスクーターの方がいいです。 ちなみに私はGSX250Rも所有しています。

今時のフルカウルスポーツバイクは防風性が高いという考えは捨てた方がいい。 フルカウルスポーツのカウル形状はタンクに顎が付くくらい伏せた時に初めて効果を発揮する。その姿勢を5分キープするのもしんどいです。

画像
1

レンタルバイクで両方乗りました。常用している人ほど深い内容はわからないけど、購入検討をしていたので自分なりに比較していました。 結果ですが、個人的にはジクサーSF250の方が圧倒的に印象が良かったです。 結構、性格が違いました。 ジクサーの方が、軽く、(ちょっとだけ)小柄で、取り回しも楽。 また、街乗りでのトルクが扱いやすかったので、通勤にはより適していると思いました。 GSX250Rは、水冷・2気筒で、期待が大きかった分、常に車体の重さが気になるというか、街乗りだとあまり気持ちよくなかったです。 当然、高速ではGSX250Rに軍配が上がるんだと思うので、通勤路次第では評価が逆転することもあると思います。 ただ、私の環境の場合、都内の渋滞も通勤路に含まれているので、気楽に気持ちよく走れるのはジクサーの方でした。 まぁ、私の場合、高速は緊急回避的に使えさえすればいいので、経済性も含めてジクサー150の方が、(また性格が違いますが)より良いのでは?とさえ思ってしまったので、そういう判断基準の人、と思って貰えると幸いですw

1人がナイス!しています

1

通勤メインならGSX250Rがオススメします。 最高速度・馬力ではジクサーに軍配が上がりますが、安定性と加速性能はGSX250Rにあります。

1人がナイス!しています

0

前傾姿勢が要求されるスポーツバイクは通勤で使うと疲れるよ。また首を持ち上げる必要があるので視界が手前になりがち。個人的にはsuicide bikeって思ってます。経験上、移動が楽なスクーターですよ。 事故起きてから、ヘルメットの安全性は知りませんでした、と無視しました、じゃ違ってくるからとりあえずアナウンス 過去質には >ID非公開さん 2019/7/20 23:14 事故って高次脳機能障害になり、休職して働かなくなったせいか知らんけど家族がガチに冷たくなった。俺だって悩みや、こんなんなりたくなかった。何故か、受け入れ手貰えない。仕方ないのかな? >どうしても事故の後遺症で友達とは別人(高次脳機能障害)だと思ってしまいます、今後付き合って行けるかも不安です。バイト帰り バイクで夜道を走っていたところ 転けて 数十メートル引きずられたらしく、会話もおぼつかないし ゲームなんか今後できるような身体ではないです。バイクなんて乗れないと思いますし。 なんて親友から言われるの嫌でしょ。 >大阪府泉南市をバイクで直進中、突然右折してきた対向車に衝突され、遷延性意識障害という重度障害を負った坂本裕貴さん。18歳で事故に遭い、以来10年間、両親と兄による在宅介護を受け、リハビリを続けながら暮らしている。加害者は事故当時22歳の男性で、運転免許を取ったばかりの初心者でした。この日は幼馴染の友人を助手席に乗せて遊びに行っており、前方から裕貴さんのバイクが近づいてきているにもかかわらず右折をし、衝突事故を起こしたのです。 画像はっておきます https://news.yahoo.co.jp/byline/yanagiharamika/20210204-00220854 スネル規格のヘルメットじゃないと事故ったとき人生つみます。日本は救命救急医療が進んでいるから病院に着いたとき心臓が動いていれば死なずにすむ。9割越えの阪大病院すらある。でも脳をやられると「高次脳機能障害」で坂本裕貴さんのような人生が待っています。 大型バイクも原付も事故を起こしたときには、こっち何キロ、相手何キロで走っていたかです。安全運転していても相手の過失が多い事故、避けようが無い事故は普通。だからスネル規格のヘルメット買おう。できればArai、車の安全性を上げるには安くても数十万円かかります。でもバイクは1万円程度です。さらに高いヘルメットは蒸れないように色々工夫されています。 知人2人はカーブを居眠り運転で曲がりきれずガードレールにぶつかりました。曰く「空飛んでいる」です。で、顔面から着地して手も付いていないので全くのノーダメージで助かりました。推定50~60キロぐらいです。原付だったので引き取りに来たバイク屋が人が死んだバイクを引き取るのは嫌だというレベルで二台とも大破しました。でも無傷です。ただしAraiヘルメット自体は被ると1分で頭痛が起きるぐらい変形しました。