ID非公開

2022/5/17 21:05

33回答

【永世中立スイスがNATO接近、ウクライナ危機で揺らぐ国是】5/17(火) ロイター

画像

4人が共感しています

ベストアンサー

3
ID非公開

2022/5/18 8:40

画像

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なるほど!

お礼日時:5/21 19:59

その他の回答(2件)

0
ID非公開

2022/5/18 0:39

スイスは「永世中立国」ですが、あくまで、戦争が起きたときにどちらかの側に立って戦わない、軍事基地を設置することは許さないというだけで、どこのだれかと友好的になるのを妨げたり、国際法違反した国を糾弾できなかったりするものではありません。 そもそも、スイス軍はミラージュ(仏)やホーネット(米)といった戦闘機、ドイツのレオパルトⅡ戦車を保有するなど、兵器は西側のを取り揃えています。 そして、NATO非加盟でもF-35の購入はアメリカからの信頼の厚い国であれば可能です。スイスそんな国の一つであり、F-35を「最も性能が高く圧倒的に安い」と評価したため導入を決めました。 ところで、NATOはNATO加盟国を守る条約ですが、ユーゴスラビア紛争に介入したり、ウクライナに武器供与したりと、ヨーロッパの安定の大義名分があれば非加盟国の揉め事に手を突っ込みます。 スイス国民が「僕らは欧州人だから、ヨーロッパのために戦うぞ!!」というマインドになっているかと言えばそうではありません。 スイス周辺国が同盟関係にあるという面倒な状況ですが、だからといってNATOがスイスに攻めてくる訳じゃないですしね。NATOに加盟せず、でもNATO加盟国と仲良くする現在のスタンスを貫くだけじゃないですか。