社会保険料の算出について教えてください。

社会保険 | 税金107閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

0

コメント有り難うございます。 昨年の4~6月について全て18日以上出社していますので 3か月の平均と思います。 メリットについても回答有り難うございます。 内容把握しました。

その他の回答(3件)

0

問:4月~6月の平均で計算した額より高いのはなぜか? 答:随時改定に該当したのではないかと思われます。 解説 4月の額と5月6月の額に大きな差が見られます。 5月に固定給の増加(昇給とか通勤手当の額が増えるとか)がありませんでしたか? 多分あったのだと思います。 そうすると5月~7月の3ヶ月平均で標準報酬月額を求め、それが従前の標準報酬月額と比べて2等級以上の差があれば、8月に随時改定で適用されます。 7月の総支給が幾らか、4月と5月の給与明細を比べて、基本給や年齢給、通勤手当や住宅手当など毎月一定額のはずの項目に変動があるかを教えていただければ確定できます。 なお、7月から9月に随時改定された場合、その年の定時決定はありません。 今年については、随時改定には該当しないと思われるので、定時決定で4月~6月の平均で算定されるでしょう。 少なくとも、ご心配されているような、「一度でも36万があれば…」なんて計算方法はありませんので、そこは安心してください。

問:保険料を多く払うことでメリットはあるのでしょうか? 答:これは任意に多くしたり少なくしたりと選択できるものではありませんので、メリット・デメリットを考えること自体にあまり意味はありません。 あくまで保険なので、療養で休職したり退職したりして無給となった場合の保険金受取金額は増えますが、在職中は健康だったり退職後比較的早く死亡したりすれば、受け取れる保険金も少なくなります。 支払う保険料で云々ということの影響は大したことになりません。

0

1~3月の間に非課税の通勤費を支給されていませんか? それを月割で含める必要がありますよ。

0

会社によっては、給料日基準で計算する場合と、計算期間を基準に計算する場合がありますので、最終的には勤務先に確認するしか無いと思います。 ちなみに、三ヶ月平均にて算出するのはご認識のとおりです。