ID非公開

2022/5/19 9:52

66回答

インターネット回線は大きく分けて ①光回線 ②ホームルーター ③モバイルWi-Fi

ベストアンサー

0
ID非公開

質問者2022/5/19 10:49

具体的にどうすればいいですか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

全く参考にならなかったけれど、一生懸命に持論を述べてくれたあなたに決定します! おめでとうございます! ※念のために言っておきますが、揶揄じゃなくて褒めているんですからね、誤解のない様にw

お礼日時:5/19 19:30

その他の回答(5件)

0

通信回線は2種類しかありません 1,固定通信回線=光通信回線、ケーブルテレビ通信回線 2,モバイル通信回線=携帯電話通信回線、PHS 通信回線 ホームルーターは SoftBank Air は PHS 通信回線 au ひかりや WiMAX はau モバイル通信回線 となっています 通信回線会社は料金体系があたかもやすそうな表現しているのですがよくよく調べて工事料金や設置料金や初期登録料や全てあなたが支払わなければいけない総額を月賦払いにしてあったりするので実際いくらなのか比較するのがわざと困難なようにホームページに記載されているから騙されてしまうのです 例えば NURO 光は月額980円で1年間2年目3年目は5200円それ以外に光ファイバーケーブル工事44000円とか初期登録料3300円とかキャッシュバックキャンペーンで43000円とか それらをよく計算してみると3年間の支払総額からキャッシュバックの金額を引いたりして月額平均を算出すると約3800円です 一方 SoftBank Air は運が悪いと通信速度がめちゃんこ遅くて使い物にならないから解約したりすると途中解約違約金1万5000以上が2ヶ月遅れで請求されたり通常の月額支払いが4500円だったりして同じものをモバレコエアーで契約すればそれよりも1000円安かったり NURO 光の平均月額3800円と比較しても4500円以上と高い割には通信速度は1/50以下だったり自分でしっかり調べないと損するだけです 5Gモバイル通信回線だと通信速度は光通信回線並み以上の高速だったりとか月額料金も4Gモバイル通信回線より安いみたいなものとか割引キャンペーンがあるとか いろいろ惑わされて結局月額支払いを安く見せるために目先の金額の安いところだけを PR した記載の仕方をしているのですぐ騙されてしまうだけで月賦払いになっていたものを終わるまでの期間3年間で総支払額を36か月で割り算してみた平均月額で比較しないとどこが安いのかわからないのです さらに輪をかけて価格. com で色々な販売代理店がわけのわからん業界用語振り回してあたかも行っそうに見せてサービスも良いように見せているからさらに分からなくなって結局知恵袋に投稿したところでどれが本当かますますわからなくなっていくこれが普通です 結論から言えばホームページの記載を隅々までしっかり読んで3年間の平均月額でそれぞれの通信回線の支払金額比較をしないと正しい数字は見えません 3年間というのは例えば光ファイバーケーブル工事が18000円から56000円ほどかかりますのでそれが月々の月賦払いになっていたりとか3年以内に解約してしまうと月賦払い未払いの残債を一括請求されたりとかするのでそのような条件に引っかからない3年間で比較しないと実際の比較したデータにはなりません では何が結論なのかと言うと ADSL 通信回線からフレッツ光 SoftBank 光 OCN 光 NURO 光と乗り換えてきた経過からの経験談からすれば 通信速度が高速で月額料金が一番安かったのは NURO 光です 通信速度は添付画像です 通信速度に関しては住んでいる場所及び地域によって相当ばらつきますのでネット上の口コミは参考程度で信じてはいけません信じられるのは自分の住んでいる場所の1 km 圏内に住んでいる人の通信回線の通信速度はあなたが契約すれば同程度の通信速度になります それ以外は試行錯誤も含めて多分行けるだろうと思って乗り換えを繰り返していくしかありません実際私も3階乗り換えたのですから 光通信回線ならは提供されているエリアだったら10 gbps とか20 gbps の通信回線を最初から契約すれば大きく外れることはありません月額料金もそれなりに高くなりますが要するに自分の使用目的が何か何であるかによって決めれば良いだけのことです モバイル通信回線は docomo SoftBank 楽天と乗り換えてきましたが通信速度が割と高速で月額支払いが一番安いのは楽天です 正しい楽天は基地局アンテナの数が Docomo Softbank au に比べて圧倒的に少ないので今だったらパートナー回線つまり au モバイル通信回線に接続してしまうことの方が多いです 半年後にはパートナー通信回線も停止してしまいますので通信できないエリアが場所が発覚して来ると予想されます でも逆に私のように自宅の150 M の所に楽天基地局アンテナが新しく設置され快適なモバイル通信回線楽しめると言う可能性はありますドコモ au ソフトバンクはこれ以上通信基地局を増やすことはあまり考えられません5G基地局増設に伴って多少ある程度ですそれも既存の基地局アンテナを利用しますから自宅のそばにということはよほどの田舎でもない限りありえません モバイル通信回線は自宅で使うことが多い場合基地局アンテナと自宅との距離及び方向によって通信速度が大幅に違ってしまいますこれも実際には行ってみるしかありません 5Gモバイル通信回線になれば電波の周波数が高くなるのでますます家の中まで届くはなくなりますから迂闊に契約すると通信環境通信速度が悪化することになります

画像
ID非公開

質問者2022/5/19 16:02

詳しくありがとうございます。

0

リスクをどれだけ容認するかは本人にしか決められない。

ID非公開

質問者2022/5/19 15:57

ですよね~!

0

自宅がauドコモSoftBank、全て接続状況が良くないなら 光回線しかないでしょう。 モバイルWi-Fiもホームルーターも、どれかのキャリア回線を使います。 格安、割安な会社は大手の回線を間借りして使います。複数キャリアを自動的に切り替える所もありますが、親回線の直接契約の方が繋がりやすいそうです。

ID非公開

質問者2022/5/19 10:24

光回線が最強なのでしょうが、ランニングコスト的に決めかねてます。

0

「②ホームルーター」も「③モバイルWi-Fi」もドコモやAU、ソフトバンク等のキャリアのモバイル回線を使用するのは同じなので、この二つの大きな違いは家で固定で使用するか、外にも持ち出して外でも使うのかの違いですね。 この二つに対して光回線はそもそも使うのが電波ではなく有線の通信なので安定性はダントツで光になります。 あとは使える通信量が問題になるのでは? 光回線は完全無制限で使用量によって時間で速度が制限される事も無いですね。 ②や③は会社によって違うと思いますが、通信量の制限があるようなら、自分がどれくらい使うかを気を付けて選ばないとですね!

ID非公開

質問者2022/5/19 10:10

パソコン2台とスマホ3台、制限無く使いたいです。

0

その3つの差は千円ぐらいづつでしょう。地元の家電量販店の独自キャンペーンとか使えば、2年ぐらいでみると、光回線も同じ様なものです。 安定度は抜群に良いですから光回線をお勧めします。

この返信は削除されました