2022年、今年の夏は猛暑になりますか?

2人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

今年の夏が猛暑になる事を覚悟しないといけませんね。 皆様ご回答、有難うございました!

お礼日時:5/23 10:48

その他の回答(3件)

0

暑い確率は53%です。日本の政党主催の、アマゾンに木が全くなくなる放送を見たと思います。しかし、日本のどこを見ても木が間違いなく一本もなくなっておりません。つまり、あり得ない放送を流して、日本企業をつついて中国からお金を貰う、これに政党は成功しているのです。 古代から、大陸が熱くなることは分かってるので、 https://paleontology.sakura.ne.jp/w-sanjyou.html つまり、日本は住めても、中国などが住めなくなり、そこで温暖化は終了するということです。 つまり温暖化対策をしない住めなくなる中国北京や西安とかインドとかクウェートのために日本が温暖化対策をするというおかしな話です。 中国は温暖化対策はすると突然発表した後、石炭の燃やす量は増えてます。中国だけで世界の半分以上の石炭を燃やし、ずっと増えることは解っております。中国はメコン川をダムでせき止め、下流の国に水が来なくて困っております。 日本が石炭を燃やすのを46とすると中国は1000以上、二桁以上違い、途方もない量で、どんどん増えてます。世界の力で中国を至急明日にでも1000→0にすることが唯一の温暖化対策なのです。 皆さんも理解の通り例えば中国の政治家は数少ない成功者は政治家としてお金を得れますので北へ逃げることも考えます。(成功しない者は家族ごと刑務所行きとなります。)。中国の裁判官も他国に公平な判決をしたらその裁判官は刑務所行きとなります。つまり、日本の政治家としては、中国に毎日、大説教をするだけの方を、全員選ぶしか方法はないわけです。例えば、モンゴルは中国の温暖化行為を実際批判している、それを、毎日中国に申すこと、といったことです。 政治家が温暖化対策といって企業に要望を出し、同じ要望を中国企業にはその政治家は何一つたりとて言ってなく中国企業は好き放題です。中国からお金を貰う政治家は言いました「日本人は抵抗勢力だ」。このような政治家の超怠慢かつ日本にだけ大迷惑行為は許される行為でしょうか。 例えば、中国の太陽光パネル企業から献金されると、当然、原子力発電を全て廃止し全て太陽光にすべきとおかしなことを言うでしょう、実際そのような議員がいるのが解りますし、直ぐに至急選挙ですべて落とさないといけないのです。政治家は直接献金ではロッキード事件のように捕まりますので、間接献金を狙いますから、政治家は真に役に立たなくなり、真の国民への妨害者となったのです。国民全員で至急に気づかないといけません。そもそも都市部民家屋根に太陽光発電をつけると黒いパネルで暑くなるだけで政治家は本当に良くないです。電気自動車も、それと同じやり方です。日本の電池の電気自動車に補助金とは言わないのは、作戦が見え見えです。中国が石炭の発電をゼロにした後温暖化対策を始めることを公約を掲げる、「既に温暖化対策の技術の出来てる日本の商品を愛する新しい党」を作り、既存の議員を全員落とすというのが良いと思う方は、立ち上がることです。 つまり、 国会決議はボタンで投票してるので、ホームページ公開したインターネット投票による国民一億人投票結果(一億人データ公開なので不正は出来ない)で法律全て決めることに変えればよく、 一般の日本人全員:「中国が石炭をより燃やすならそれを止めてから日本は対策をするべきだ、政治家は不要だ」 政治家:「日本企業をつついて、中国から金を貰う」 このように対立してることで政治家を追い払うことです。 中国の上海の繁華街の外には、日本ブランド商品に限らず世界のブランド商品のそっくりの著作権違反の商品が沢山大量に積まれていることはご存知の通りです。これは製造工場に偽物を作るラインが一つ用意され作るのです。他国だと逮捕される行為(例えば窃盗犯)を行う国の方が最もどんどんお金が入り連日連夜押すな押すなの大賑わいの大盛況、これを日本が見てどのようにするかが最優先最大の問題です。このようなことを現在も何十年も行いこれを世界最大の問題と言わない日本の政治家参議院300人衆議院500人は至急全員代えないといけないのです

0

はい、今年から地球気温は急激に上昇し、すでにインド・パキスタンで 起きていて、既に地球平均気温は2,35℃上昇しており、生物が生きていける 環境が無くなるまでの3-4℃まで後1,65-2,65℃しかありません。 5℃まで上昇すると生物は絶滅し、地球上の水分は蒸発してしまいます。 http://arctic-news.blogspot.com/ https://extinction2026.info/