日本年金機構の在職老齢年金の計算方法に 70歳以降も厚生年金適用事業所に勤務されている場合は、厚生年金保険の被保険者ではありませんが、在職による支給停止が行われます。

社会保険 | 年金242閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(1件)

0

70歳以上の場合、社保の被保険者に該当する時に 70歳以上被用者届を提出します。 これは被保険者資格を判定するものではなく、在老の調整をするために行われます。 逆にいえば、社保非該当のアルバイト程度の場合は、在老調整をしない、ということです。 現実的に在老の基準は報酬比例部分のみで47万円なのですから、社保非該当レベルでは調整する必要もないのです。 そんなに沢山の年金を貰っている人はいない、という事です。