整体・整骨院・接骨院に通っている方や、仕事で関わっている人に質問です。 先日、足の関節の歪みと違和感の相談の為、整骨院を訪れたところ、

マッサージ、整体 | 病院、検査387閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(6件)

2

昨年まさしく脚の違和感で通いました 結果全く良くならないばかりかますます悪くなり一時は歩くのさえやっと、みたいに痛みも出て、結局整形外科に行きました 原因は骨格のゆがみではなく、筋肉の衰えによる歩く際のバランスの偏りでした 足裏の麻痺感も出たので 筋力回復のリハビリと神経痛の内服薬(リリカ)で治りました。 私が受けてた矯正治療は「ストレッチ」を他人がやる、みたいな感じので、良くないことではなかったと思いますが、ストレッチを他人がやっても筋力の衰えは治るはずもなく、歩く際のバランスの偏りも治るはずもないので、どんどん筋力は落ち歩き方も改善しないので痛みも痺れも悪化しました 骨格的には一ミリも歪んでませんでした(レントゲンだけでなくMRIも広範囲とったから) 一年分フリーパスその他使ったから結構な金額で、そのお金でプチ整形に行ってしわ取りとかシミ取りした方がよかった、と後悔してます

2人がナイス!しています

4

接骨院勤務の柔道整復師です。 その通りですよ。 歪み…筋バランスの問題ですね。 足関節(足首)ですよね? 関節の動揺性や違和感なら、前脛骨筋や腓骨筋の筋トレをして、ROM訓練するだけで改善すると思います。 そこの整骨院はグループ会社でしょうね。 儲け主義で意味のない矯正をしたりします。 足関節の違和感で骨盤矯正する意味も分かりません。 筋膜で考えれば多少は…ぐらいですが、初回で効果を感じられなかったのなら行かない方が良いですよ。 ついでに変形があるなら整形外科の方が良いです。 整形外科で理学療法士のリハビリが受けられればそれがベストかと。

4人がナイス!しています

お察しの通りグループ会社です。 今後の施術の話、院のメニューがあまりにも出来すぎていた為かなり邪推しました。 骨盤の矯正は、一応下半身の筋肉がかなり硬くなっていて骨盤も歪みがあるのでそれが原因では、という話になり色々された次第であります。 1回目の施術後多少マシにはなりましたが、骨格矯正が理由なのか、電気治療・筋の揉みほぐしが理由なのか、はたまたただの思い込みなのかはわかりません。

5

今の一部を除く整骨院(接骨院も同じ)の実態を他の回答がありますから、多くの人が勘違いしている、整骨院(接骨院も同じ)で出来ることを回答します 整骨院(接骨院も同じ)が出来る事は【数日以内に起こった事】【どうして、そうなったかハッキリしている事】【捻挫や打撲などのうち軽い怪我だけ】で、この【 】内の条件が全て揃っている時のみが専門で特例で保険が使えるのもこの時のみです 柔道整復師は医師ではないので医師が普通に必要に応じて行う、検査、診断、投薬、注射、手術、リハビリなどの行為は医師の医学知識のレベルに到底及ばない低さなので禁じられていて、出来るのは患部を温める(冷やす)罨法と違法マッサージ位です 整骨院(接骨院も同じ)は【医療機関】ではなく【医業類事】で鍼灸院やマッサージ院や無資格の店の整体の店と同じ分類で、「治療」では無く「施術」です 又、正式名称も柔道整復師施術所、ほねつぎ と言います 入り口にある【診療中】は【施術中】、【初診】は【初検】、【往診中】は【応療中】・・・医療機関と完全に区別されています 戦後、医療の不足していた時代、条件付きで開業を認められたのですが医療が揃った現在では殆ど不要です 一時は整形外科の補完的な役割を担う予定も、医師の指示は聞きたくないのか、過信なのか整形外科とは区別したがりました 今ではリハビリの専門家は理学療法士であり、柔道整復師の立場は、みなし理学療法士でしかありません 近年、学校設立の規制改革で柔道整復師養成校が急増して、毎年大量の過剰な柔道整復師が誕生し、開業もしていて形相が激化して、本来の業務では経営が成り立たないものと思います それで整体がやる様なことをしているのです 厳密に言えば殆どの整骨院(接骨院も同じ)が保険(療養費と言います)の不正をしていると言われ、療養費は年間4千億円程度が利用者の掛け金と税金から支払らわれています ピンとこない金額ですが、日本の海を命がけで守る海上保安庁の予算が1,700億円 台風や洪水、地震など命に直結する情報を提供する気象庁は807億円ですから、いかに多額の税金が支払われているかわかると追います 税金ですから、この負担は納税者一人一人に返ってきて、保険金の増税の形で返ってきます よく理解して利用する必要があります

5人がナイス!しています

5

整骨院の目的は、「回数券、定期券を買わせること」です。 そのためには全身の骨格矯正が必要で、その理由は体のアチコチが歪んでいなければならないのです。 それが整骨院等がやっている商売です。 骨盤矯正、肩甲骨はがし、ストレートネック、左右の足の長さの違い、などは客を取り込むための商売用語です。 あそらく3か月経過後にはさらに3か月通うことを勧められると思います。 どうするかはあなた次第です。

5人がナイス!しています

1

整体・整骨院・接骨院は何処も「医療機関・病医院」では在りませんよ!! 「治療」は勿論、検査もできません ましてそのような所から「セカンドオピニオン」なんて!! できる訳が有りません セカンドオピニオンについて正しい知識を吸収してください!!

1人がナイス!しています

すいません、セカンドオピニオンについての認識が間違っておりました。 別の院を訪ねて、同じような施術・または提案されるか比較する、という意味で使いました。