1956年8月上旬,许广平为团长身份来到了日本,在参加日本广岛召开的世界禁止原子弹、氢弹大会期间,内山完造全程陪同着她,并给予了她最为细致的照顾。

中国語 | 中国史26閲覧

ベストアンサー

0

この日本のホームページは中国に見えることができません。せいじの原因で外国のホームページは普通見えることができないです。 謝謝您

ThanksImg質問者からのお礼コメント

谢谢您 助かりました、誠に有難うございます。

お礼日時:5/21 9:24

その他の回答(1件)

0

1956年8月初旬、許広平が代表団長として来日し、広島で開催された原子爆弾と水爆の禁止に関する世界会議で、内山万歳が同行し、細心の注意を払いました。 同年10月19日、魯迅が北京で亡くなってから20周年を迎えた内山。その後、再び中国に来たとき、彼は上海の魯迅墓に敬意を表して、上海魯迅記念館を訪れました。どこへ行っても、内山わんざおは興奮せずにはいられず、細部を見逃すのを恐れて、友達にまつわるすべての物を注意深く見つめていました。 1959年、内山ワンザオは再び中国に来た際に突然の脳出血で亡くなり、74歳で亡くなりました。 亡くなる前に「上海王国墓地に埋葬されたい」という意志を残し、亡くなった後、願いが叶いました。魯迅が埋葬された場所がかつて王国墓地だったのは非常に興味深い。そうです、内山わんざおが亡くなる前に、生死の友である魯迅と一緒に埋葬されることを考えていました。