回答受付が終了しました

石綿の事前調査をできる人・資格について質問です

資格854閲覧

回答(3件)

1

令和5年10月までは無資格者でも大丈夫です。それ以降は有資格者に事前調査を依頼しないと罰則があります。現在は猶予期間と言う事です。

1人がナイス!しています

cjj***様 ご回答ありがとうございます 現在は無資格でも可の情報ありがとうございます 今現在は調査者の資格取得準備期間として認識しました 石綿取扱作業主任者技能講習を受講し続いて調査者資格を取得するようにいたします

1

労働基準監督署に聞くと法改正までは最低でも石綿特別教育以上の資格の人が行う事が望ましいという回答でした!知識ゼロの人が石綿を触る事自体が危険だという事でしょう!

1人がナイス!しています

『fai***』様ご回答ありがとうございます 労基署への問い合わせされたんですね そちらの回答では石綿特別以上の施工が『望ましい』だったんですね ここからは無資格でもできるけど最低限の知識を持った人の方がより安全に施工できるでしょうレベルだと判断できます いま、現場では資格保持者が少なくて困ってます 施工側の準備不足もありますが、国側の広報不足、資格者要請の期間不足、もあるかと思えます 本当に雑な感じが否めませんね

1

令和5年10月から建築物石綿含有建材調査者講習修了~である必要があります。 それまではどうかというと、決まりがありません。 しかし、誰でも分かるわけではないので、作業主任者当たりが適当ということになります。 リーフレットでも、有資格者による調査を行うことが望ましいですという記載にとどまります。 https://www.mhlw.go.jp/content/11303000/jizentyousakekkahoukokuseido.pdf

画像

1人がナイス!しています

『労働法の鬼』様 ご回答ありがとうございます 令和5(2023)年10月以前について記載された記事の紹介ありがとうございます 私もこれ以外に見つける事ができませんでした ここで言う有資格者がどの資格を指しているのかが読み取れません (おそらくは調査者の資格を指していると思われますが…) ここからは規制前は無資格者でもOKであるとも解釈できます 国が出している書面としては少々雑な説明でしたね