三国志や、日本の戦国時代って、本当に女性の武将や軍師はいたのですか?

日本史80閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

家康が三河を統一する時にお田鶴の方(死後椿姫)が18名の侍女と戦って全員戦死しています。 元々曳馬城(後に引間城)の主人の城主が亡くなり城主を継いだ。 家康は丁重に葬り椿姫観音が浜松にあります。 兄が死に当主を継いだり主人が亡くなり当主を継ぐ事例は日本に結構あります。 信長の女房役(身の回りの世話を焼く人)に明智光秀の従兄弟がいてとても美人で信長のお気に入りで軍師的にどう動いたら良いか進言していた様です、その女房役が急死して信長の性格が変わっていった様です。

2

史実かどうかは分かりませんが大友家家臣の立花道雪は男子に恵まれなかったので女子の立花誾千代に家督と居城立花山城を相続させました。後に盟友の高橋紹運から婿養子を取りその子が跡を継ぎましたが。一時期は女性立花誾千代が立花家当主でした。

2人がナイス!しています

2

三国志だと王異くらいしか女性の戦いにおける活躍は無いでしょうね。 王異は確かに馬超を撃退する事に成功している。

2人がナイス!しています