ID非公開

2022/5/21 11:12

1616回答

明らかに、タバコを吸ってる奴の方が有利じゃん?タバコを吸う奴は喫煙所で上司と一緒になって仲良くなって、上司と(ラフに)話す機会が無いタバコ嫌いは、どうやってコミュニケーションを取れというわけ?

11人が共感しています

ベストアンサー

27
ID非公開

2022/5/22 12:52

27人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

バカみたい

お礼日時:5/22 23:22

その他の回答(15件)

11

それが有利だということは、あえて否定しません。事実ですから。 しかし、非喫煙者の上司や同僚に喫煙者の者は口聞けないか? そうじゃないでしょう。 待ってるだけでは、何も始まらない。 自分から、動かないと話は進んでいかない。 それなりの資料を作成のうえ、相談がありますと伺えば、邪気にはされず話は聞いてもらえますし親交も出来るものです。 たばこは二の次です。

11人がナイス!しています

6

何開き直ってんだ。 口の利き方ってあるでしょ! そう言うところだと思います^ ^ 何でもかんでもタバコのせいにしちゃいけません^ ^ 多分そういう人柄とか見透かされてる可能性もあるので、気をつけてね^ ^

6人がナイス!しています

1

確かに最近は、転職系や人材系のサイトでも 利用者向けにタバコミュニケーションのメリット解説は目立ちますね。 企業サイトですから好き嫌いでは見解を示しませんので 現実を冷静に捉えてるのが印象的です。 ご質問に対しては、時代の流れが余計にコミュニケーションを深めてるという見方もあるようですので難しいですね。 代わりのコミュニケーション手段として例えば下記サイトでも紹介されてますので参考までに。 https://www.staffservice.co.jp/cheer/jobs/tabako.html

1人がナイス!しています

4

喫煙が有利というよりも、喫煙所という閉鎖された空間で上司と会話できる、ということが、上司とのコミュニケーションの機会が取れる分、有利に見えるのでしょう。 昭和の時代、嫌煙権なんて言葉もなかった時代でタバコは営業の必須と言われていました。 タバコを吸わない奴は出世できない本音で話も出来ない、と言われました。 新人の頃、執務室や会議室での喫煙は当たり前、終日の会議だと会議室内が紫色の煙が籠っていました。 新人は執務室の各机の上に置かれた個々人の灰皿の吸い殻処分と灰皿を洗うのが日課でした。 私はそれまで喫煙には全く興味なくタバコを吸ったこともなかったけど、会社の仕事のうちだと思い、無理して喫煙する訓練をしたことがありますが、ニコチンが体質に合わないとわかり、結局、喫煙は無理でした。 営業になる前は、タバコを吸わないと、会話の間が持てないから営業ができないぞ。。。とずっと先輩や上司に言われ続けていましたが、実際に営業になってみて、会話ネタがあれば、営業にタバコは関係ない。。。とわかりました。 営業先にタバコを吸いに行っているわけじゃない。。。と思いました。 社内でも同様、上司ともどう会話をするか、どういう雑談をするか、関係を良好にするか、距離をどう持つか、を考えることでコミュニケーションは取れていくことができました。 私は自分自身はタバコが体に合わないから嫌煙ですが、休憩に託けて、缶コーヒー持って喫煙室にも入り上司や同僚の会話に入ることもします(最近は喫煙室というよりもガス室みたいな所もありますが)。顔だけ出して、喫煙室以外のところで立ち話に持ち込む、など、執務以外での会話の機会を持てば、次第に上司ともラフに話せるようになりました。 最近は経営層クラスや管理職もタバコを吸わない人が増えています。 執務室、会議室は禁煙というのはもはや常識です。 禁煙する上司も増えているのでタバコを吸う方が有利、というのは今後少なくなるように思います。 それよりも、どんな会話にも応じれるような知識や情報、そして自分の意見等を持って、かつ話法や話し方を工夫できるような能力を高められたら良いと思います。

4人がナイス!しています

2

仕事の打合せやプレゼンの際に、適度に雑談を交える形で普通にコミュニケーションをとっていますよ。 私の場合、職場内での立場は、むしろ相談する側というよりは、相談される側なのですが、相談事があれば元同僚や後輩が訪ねてきたり、電話やメールで連絡してきますし、こちらからも仕事を円滑に進めるための頼み事はいろいろしています。 以前に喫煙室があった際、喫煙者の部下が喫煙所での話題を私によく話していましたが、大体は人事の予想や職場内の噂話が殆どでしたよ。 人事担当者から事前に人事情報を仕入れていた私から見れば、人事の予想は競馬の予想みたいにいい加減なものでしたし、○○課の誰それが女性秘書を高級料理店に誘って、食事中に交際申し込んでフラれたとか、くだらない話ばかりでしたね。

2人がナイス!しています