ID非公開

2022/5/21 11:54

44回答

AMの民放のラジオ電波は、2028年ぐらいまでに廃止で、すべてFMになるのですか?

補足

NHKはAMやめないですよね?

ラジオ464閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

1
画像

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/5/21 20:07

NHK第二、そうなると。基礎英語1とか語学放送とか教育のラジオはどうなるのでしょうかね

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ありがとうございました 感謝

お礼日時:5/27 22:07

その他の回答(3件)

3

ごく一部の民放を除いて残るのはNHKとAFN(米軍放送)だけでしょうね。 この2つが残れる理由は収入をコマーシャル宣伝に頼っていないからです。 つまり今のラジオは聴視者が少な過ぎてスポンサーが付かないために運営が出来なくなる所まで来ているということです。

3人がナイス!しています

2

現在のところ、北海道放送、STVラジオ、秋田放送の三局は、「2028年秋までにFM局となること」を表明していません。 ただ、この三局はテレビ放送も行っている事から、南海放送を手本にしてワンセグ放送の一部をラジオに転用するかも知れません。 https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/06267/ 特に、全道をカバーする必要のある北海道放送とSTVラジオにとっては、今からFMの中継局を整備するには莫大な費用が掛かります。自前で持っているワンセグ放送の設備が使えるなら、比較的少額で済む筈です。 いずれ、民放AM放送は金銭面で負担となり、維持出来なくなるでしょう。 その次の段階では、枯れた技術のFM放送と、新しい技術の第二ワンセグ放送との、「比較」という名の「バトル」が始まると思います。

2人がナイス!しています

1

商売にならないことは 消え去るでしょう 中波と短波は 役割を終えたと思います

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/5/21 20:34

ありがとうございます