ID非公開

2022/5/21 16:35

66回答

女性が男性にお酌をするという慣習は、男尊女卑社会、武家社会の象徴なのですか?

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

1

欧米ではレストランなどの会食の場で、基本的に女性が男性にお酌をすることはありません。 それは給仕の仕事ですし、レディファーストですから女性に給仕の真似事をさせない訳です。 そういう文化背景があるので違和感を持たれたのでしょう。 「なるほど、サムライの国ですね」のコメントが男尊女卑とつなげたものかどうかは微妙ですね。 単に日本文化=侍文化的な単純な発想のような気もします。

1人がナイス!しています

0

>女性が男性にお酌をするという慣習は、男尊女卑社会、武家社会の象徴なのですか? 今でも、お酌は男が男にもしますけどね。 下のものが上のものしますよね 会社でも。接待でも その動画がどんなものかわかりませんが、どの国にも文化風習しきたりがあります。そのひとつであり、侍とはかんけいないとおもいます。 なんでもかんでもさむらいというのは、それこそ日本の文化や風習を理解してないから、そう表現するだけのことでしょ。 たとえば、今の日本人はひなまつりを祝いますが、あれは、貴族の文化でしょ。それがサムライにひろまり、それをみた庶民が真似た。 もっといえば、そもそもひなまつりは、中国の文化らしいです。

0

手酌を避けているだけでしょう。たまたま男女の組み合わせだったので、女性が酌をするシーンが切り取られただけ。 男尊女卑ではないですね

0

そうでしょうね。 でもヨーロッパの会社でもお茶出しは女がやる。

0

ギリシャ神話でのヘーベーは「神々の若さを保つための不死の霊薬であるネクタール(神酒)やアムブロシアーを出す役目を負っている」とあります。 推測ですが、女神がお酌をするのであれば、女性にお酌をしてもらった方が「若さを保てる」と、勘違いしているのかも。まあ、江戸時代には「武士は外で働く。女性は家を守る」という、古い考えもあるでしょう。 ーー https://gogen-yurai.jp/hebereke/ へべれけの語源は、「ヘーベーのお酌」という意味のギリシア語「ヘーベー・エリュエケ(Hebeerryk)」が短縮されたとする説が、定説かのごとくいわれている。 ヘーベーとは、ギリシア神話に出てくる青春を司る女神の名前で、ゼウスとヘーラーの間に生まれ、ヘラクレスと結婚をしている。 へーベーにお酌してもらった神々は、喜んで何杯も飲み干し泥酔してしまったと考え、「へべれけ」になったといわれる。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%BC#:~:text=%E3%83%98%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%BC%EF%BC%88%E5%8F%A4%E5%B8%8C%3A%20%E1%BC%AD%CE%B2%CE%B7%2C%20H%C4%93b%C4%93,%E3%81%97%E3%81%A6%E3%83%98%E3%83%99%E3%81%A8%E3%82%82%E5%91%BC%E3%81%B6%E3%80%82