人事や経営に詳しい方に質問です。 大山のぶ代さんは2001年からドラえもんの声を降板したかったのに、降板が認められたのはそれから4年後の2005年でした。

補足

最初に大山のぶ代さんが2001年に大腸がんになり、手術のため長期入院をして病院から声の吹き込みを収録していたそうです。がんは完治したものの、退院後に「自分が元気なうちに、ドラえもんをしっかりと演じてくれる役者さんに託したいから自分はドラえもんから降ろしてください。」と申し出たそうですが却下されたそうです。その後も大山さんは降板を繰り返し申し入れをされていましたが、棚上げ扱いされてなかなか大山さんの降板の申し入れは受理されなかったと言われています。 その後、2004年にドラえもんは放送25周年を迎え、その際は大山のぶ代さんだけではなく、他の声優陣(のび太、しずか、スネ夫、ジャイアン)も「25周年という節目で自分達は区切りをつけさせてもらって、全員で綺麗に若手に譲りたい。」と大山さんも含めて、メインの声優さん全員から申し入れがあり、降板が受理されたそうです。そして、大山さんの最初の降板の申し入れから4年後の2005年にようやく降板が実現し、ドラえもんの有名な声優交代劇へと繋がりました。

企業と経営 | この仕事教えて29閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0