ID非公開

2022/5/22 19:22

99回答

私は今高校3年生です。ずっとウェディングプランナーになりたくて親にも何回か言っていました。そして、毎回反対されていました。ですがやっぱり諦めることができずもう一度言ってみました。しかし、初任給が20万円

将来の夢 | 結婚368閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/5/28 17:30

ありがとうございます!!そう言ってもらえて嬉しいです!!! やっぱり自分の夢を諦めるのは今後ずっと後悔すると思うので、もう一度しっかり話し合いたいと思います!

その他の回答(8件)

1

残念ながらご両親の言う通りで、ブライダルは止めた方がいいです。日本では少子化、独身者の増加、晩婚化に伴うナシ婚で、結婚式の数が減っています。 適齢期人口はこれからも減り続けますから、今後も期待できないでしょう。 https://jp.gdfreak.com/public/detail/jp010050000001000000/16 生涯未婚率も爆増中 https://news.yahoo.co.jp/byline/arakawakazuhisa/20211201-00270589 なんと、結婚式をするのは、結婚する人の半数だけ。 https://diamond.jp/articles/-/15878 結婚式に会社の上司とか呼ぶ人も減り、結婚式も小さくなってしまいました。 https://purpleflower.blog.ss-blog.jp/2014-01-10 なお、結婚式はサービスではなく、ビジネスです。すべてのプランやオプションは売り物で、営業職であるプランナーは新郎新婦に沢山お金を使ってもらうよう、セールストークをして売り込まなけれなりません。それで何度も見積もりを作ります。 https://omobic.com/blog/managerblog/%E3%80%90%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%80%91%E7%B5%90%E5%A9%9A%E5%BC%8F%E3%81%AE%E8%A6%8B%E7%A9%8D%E3%82%8A%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%AE%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%84%E4%B8%8A%E3%81%8C.html

1人がナイス!しています

1

もう高3で自分で払うんだから大学に行く場合、専門に行く場合にかかる費用を計算して、幾ら奨学金を借りるか、月々の返済はいくらかを計算できませんか? その上で専門式場の給料、ホテルの給料を調べたりすれば、どういう状況になるかわかりますよね。普通そこまでして親にプレゼンなり交渉なりします。そこまでしました!?してませんよね。 なりたい、なりたいって言ってるだけで何の行動もしていないから反対されるんですよ。言うだけなら小学生でもできます。 うちの子は中1ですがなりたい仕事があるから、そういうことをちゃんと調べて紙に書いて机の前に貼ってますよ。それを見て勉強を頑張っています。 プランナーの今後のことなんて誰にもわかりません。まず現状を自分で調べましょう。

1人がナイス!しています

2

大学を卒業して、親が納得する一流ホテルに勤務して、宴会部に配属され、そこからウエディング担当になれば、親は納得するのでは? 私の友人は、立教大学観光学部を卒業して、都内のホテルに就職して、2年間地方ホテル勤務から、都内に戻り2年後に新御三家と言われるホテルに引き抜かれ、そこの宴会部門配属になり、大手企業のパーティー担当からウエディング担当になりました。

2人がナイス!しています

1

たくさんの人の人生の最良の日に立ち会う素敵な仕事ですよね! ですがその日まで、また当日もとても気を使うしハプニングも起きます。 就職は向き不向きもあり例えブライダル専門学校を出ていても不向きなら採用されません。 基本給は安いですが契約を取れたら上乗せされます。 ウエディング専門学校へ行かなくてもプランナーにはなれます。 親御さんが大学を薦めるならバイトでサービススタッフをしてみてはいかがですか? 就職しても最初はサービススタッフから始めますよ!

1人がナイス!しています

1

少子化で結婚式をする人は減っているので、従来の形式ではどん詰まりで給与も上がらないでしょうね。あなた独自のプラスαを生み出して、独立するぞ!くらいの気概がないとやっていけないでしょう。 逆に言うとやる気の問題です。 日本で稼げないなら海外に行くなり、やりようはいくらでもあります。 とはいえまずはブライダル専門学校なんかに行くよりも、あなたの学力でいける限り上の大学に行くべきです。 専門学校は耳障りのいい言葉と専門知識のようなことを教えてくれますが、それは就職すればすぐに身につく程度のものです。 大学では課題を解決するための方法論を指導してくれます。

1人がナイス!しています