現在小2の息子がいます。 うちの学校では教科担任制を少しずつ導入していて算数が担任ではない先生がやっています。(担任はサポートとして教室内にいます)

小学校83閲覧

ベストアンサー

1
ID非公開

2022/5/22 23:28

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

コメントありがとうございました。その後先生とも連絡をとり子どもたちみんなに対してもう少し目を配って確認をしてくれるみたい話になりました。 私の方でも宿題の確認とチェックをしていこうと思います。

お礼日時:5/24 16:49

その他の回答(3件)

0

>まだ2年生に口頭で言っただけの宿題をそつなくこなすことは可能なのでしょうか? 「まだ2年生」と侮るか、「もう2年生」と思うか・・・この違いは大きいですよ。 いま、一般的には前者になっている感じでしょうか。 この場合、授業の担当者が異なるために宿題情報が一元化されていないということで・・・それは教員の配慮不足だ!と捉えるような保護者も少なくないでしょう。 最近の小学校では、だいたい、「終わりの会」などでクラス担任が宿題情報を一元的に伝え、連絡帳などに書かせる(ちゃんと書いたかどうかチェックまでする)ようになっています。 宿題を確実にさせ、学力低下を抑止する(学力の底上げを図る)意味ではそれなりに効果があるのかもしれませんが、子どもの主体性や注意力が育ちにくくなっている面もある気がしますね。 要するに、トレーニングさえすれば、2年生でも「そつなくこなすことは可能」だということです。 >親であるわたしがもっと「宿題はこれだけ?」みたいな感じでこども本人に確認してあげた方がいいのでしょうか? こちらは、おそらく「正解」はありません。 本人の性格や、宿題に対する意識(価値づけ)、親子関係など、諸々の要素が絡みます。 たとえば、学校にかわって、あなたが(家庭で)上記の「トレーニング」をするという手も考えられますが、それが有効なのかどうかは個人差があるということです。 ただ、日常的に宿題のようすを見ているなら、その流れの中で「宿題はこれだけ?」と確認することは、何も不自然なことではありませんね。

0

メモを取る習慣を身につけさせる良いチャンスではありませんか? まだ小2だから〜まだ小学生だから〜と甘やかしても、できる子はどんどん自分でやりますよ。そうやって結局は差がついていくんです。