太古の日本人は地震・大嵐・津波などの超大型災害に対してどういう言い伝えをしていたのですか? 神の捌き?それとも巨大電気ナマズ?

補足

うる覚えですけど、京都?の大嵐に対して菅原道真の祟りと恐れられ、天満宮が建てられたみたいなことは聞いたことはあります。

地震25閲覧