ID非公開

2022/5/23 6:17

44回答

自動車保険について教えて下さい 全く知らなくてお恥ずかしい話ですがもし事故を起こして自分と相手の割合が例えば7対3とかだった場合相手の修理代は自分の保険?から支払うのですか?

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

1

原則的な考えとして、相手の損害額について自分の割合分をお互いに払いあいます。 例えばお互い100万円修理だがかかるとすると、質問者様は相手に70万円はらい、相手は質問者様に30万円払います。実際には質問者様の方が負担が多いので、相手に差額の40万円払い相手は質問者様に払いません。これを「相殺」と言います。まずこれが原則の流れです。 これがお互い保険を使う場合は、お互いの保険会社が相手に対して過失分全額払います。質問者様の保険会社が相手に70万円払い、相手の保険会社が30万円質問者様に払います。お互い保険会社が払う場合は相殺をしません。この場合質問者様は70万円自腹で追加して修理する事になります。 ここまでが賠償保険です。 自動車保険は「相手への賠償」「自分のケガの補償」「自分の車の補償=車両保険」があります。 契約内容によっては、この自腹の70万円を自分の保険会社が払って暮れますので、負担なく修理出来ます。 ただし賠償保険と車両保険は1円でも保険金の支払いがあれば、次回更新時等級が下がり3年間は割高になります。 なのでここで時々保険を使うかどうかお悩み相談がありますが、3年間の保険料増額分よりも自腹で払う方が安くあがる場合があるからです。

1人がナイス!しています

1

1.掲載済みのご回答に補足をさせていただきます。 2.*Aの損害額100万円:過失割合70% *Bの損害額100万円:過失割合30% 3.損保会社は過失相殺の方法により、精算をいたします。 ・Aの負担額=200※×70%=140万円 ・Bの負担額=200※×30%=60万円 ※両者の損害額の合計金額 4.Aは、負担額>Aの修理費用なので、その差額=40万円をBへ支払う。 5.逆に、Bは、負担額<Bの修理費用なので、その差額=40万円をAへ支払う。 6.Aは、対物賠償保険又は自費で40万円をBへ支払う。車両保険又は自費で自身の修理費用=100万円を支払う。合計負担額=140万円 7.Bは、相手の対物賠償保険又は自費で40万円を受け取る。車両保険又は自費で自身の修理費用=60万円を追加する。合計負担額=60万円 以上、ご参考まで

1人がナイス!しています

1

まずご自身の保険が車の修理費を支払ってくれるかどうかは車両保険に加入してるかどうかです。 まず過失割合7:3とするなら事故相手からは車の修理費の相手の過失分の3割しか支払われません。 ですので残りの7割について質問者様が自費で車の修理費を支払うことになります。ただご自身の保険で車両保険に加入してればその7割の金額は自身の保険が支払ってくれることになります。

1人がナイス!しています