ベランダに置いていた柚子の葉っぱにアゲハ蝶の卵がついていたので保護し、幼虫を育てています。葉っぱが足りず、ホームセンター等で柚子の木が売っていなかった為、レモンの木を購入し幼虫たちにあげていました。

昆虫 | 園芸、ガーデニング164閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

農薬の効果でしたら、脱皮阻害剤でしょう。 脱皮阻害剤は幼虫時期に効果は出ませんが、蛹への脱皮時に効果をあらわし一気に殺してしまう薬です。 蛹化途中で真っ黒に焦げたような感じで死んでしまったのでしたら間違いなく農薬による薬害です。 添付した写真はキアゲハが脱皮阻害剤による効果で蛹化途中に死んでしまったときのものです。 幼虫時期はちゃんと餌を食べて普通に育ちますが、脱皮阻害剤は蛹化時に効果をあらわし成虫になれないようにする薬です。 柑橘類の苗木には結構使用されているようですよ。

画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

まさしくお写真のようにどんどん黒くなっていってしまいました。 詳しくご説明いただいたのでベストアンサーに選ばせていただきました。 サナギになる前に場所を決めて落ち着いた後、突然もがくようにくねくねし、青虫のかたちも歪になりながら黒くなってしまいました。 こんな恐ろしい農薬があるとは知りませんでした。もし無事にサナギになったとして、チョウヘ羽化する時にもこの減少は起こるのでしょうか?

お礼日時:5/26 0:07

その他の回答(4件)

0

助ける方法はありません。そもそも蝶が卵から成虫になる確率は1-2%、特にアゲハチョウは繁殖力が強いため都会に適応しています。1頭のメスが産む卵は100-200。10%成虫になったら次は約10倍に増えることになります。東京だと年4回くらい世代交代しますから、1年後には1万倍、2年後は1億倍に増えます。日本のミカン農家は絶滅しますね。

チョウになる確率はものすごく低いのですね。尚更保護した卵や幼虫は無事にチョウになるまで育ててあげたいと思いました。 犠牲にしてしまった子達の死を無駄にせず、次の子達を育てたいと思います。 ご回答ありがとうございました。

2

零に近い可能性ではありますが、ベランダの柚子の木の新芽の裏側に帰してあげるのが助ける方法です。丸坊主にされても、柚子の木は枯れませんから、揚羽の幼虫を育ててあげるつもりならその柚子の木に居るままにした方が良いです。我が家の鉢植えの柚子の木ですが、今年も丸坊主に向かってますが、またここまで繁ります。

画像

2人がナイス!しています

ベランダに置いてある柚子の葉っぱがもう硬い葉っぱしか残っておらず、幼虫たちが葉っぱを食べられそうにないんです。 無農薬の葉っぱを仕入れる事が出来ましたので、最期までお世話したいと思います。 ご回答ありがとうございました。

0

人間の力などは微々たるものです。人智を越えた力が働けば幼虫は生き残るでしょう。その逆もまた真実です。

何もしてあげられず、ただ幼虫達が苦しんでいるのを見ているのが辛いです。 きちんと知識をつけてからお世話すれば良かったと本当に後悔です。 どうしようもないという事が分かりましたので、チョウになれる子がいたら良いなと思いながらお世話したいです。 ご回答ありがとうございました。

0
ID非公開

2022/5/23 18:18

柚子の木(かなり小さめ)について 坊主になっても小さめ青虫。 可愛そうで枝を切って、近くの大きな柑橘の木に 枝をくっつけた(投げた) 我が家にいても飢え死になので可能性に頼った。 主さんの気持ちはよくわかる。 食べてしまうと小さいだけに無理だと思う。

5日間ほど与えてしまったのでほとんどの幼虫がどんどん死んで行ってしまっております。何か解毒剤みたいな物があれば良いのですが…。 外に放そうかとも思ったのですが、やはり一度保護したからには最期まで育てたいなと思ってしまい、無農薬の柚子の葉っぱを仕入れあげております。 無事にチョウになってほしいです。 ご回答ありがとうございました。