車の事故で10対0でどちらかだけが悪くなることは少ないと聞きました。例で車が後方確認せず車線変更してきてぶつかってしまう事故で、普通に考えれば真っ直ぐ速度制限内で走ってた車は全く悪くないと思います。です

交通事故84閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

しっかりと読ませてもらいました! 皆さん回答ありがとうございました。

お礼日時:5/24 15:39

その他の回答(3件)

0

損害保険の調査員です。 まず、警察車両との事故では、緊急走行か否かの区別が必要です。 緊急走行時、対面の信号が赤点灯で、徐行することなく交差点に進入した場合、警察車両にも過失が付きます。 今回、進路変更とのことですが、緊急走行でなければ、一般と同じ考え方で過失割合が決まります。 緊急走行時は、事故発生時の状況によって過失割合が変わってきます。 10 : 0になるケースは、、私が扱った中では、一般車が大音量で音楽を聴いていてサイレンが聞こえず、緊急走行車を妨害した。とか、老人がサイレンの音は聞こえたが、緊急走行車がどこから来たのか分からない。の事故です。

0

自分の前に車線変更して入ってくるクルマを避けるなり、減速するなり、警笛鳴らすなりの危険回避義務は運転してれば伴う。 例えば完全にあなたが前に出かかってて、あいてがあなたの後部ドアあたり以降にぶつかってきたなら、0:10もありうる。

0

保険の話なので、例え覆面パトカーでも7:3になりますよ その過失割合で罪が変わるって事じゃないです