ID非公開

2022/5/24 10:02

11回答

電力品質確保に係る系統連系技術要件ガイドラインから質問です。 分散型電源から逆潮流による系統電圧の上昇を抑制するために、 受電点の力率は系統側から見て進み力率とならないようにするは

補足

電力品質確保に係る系統連系技術要件ガイドラインから質問です。 分散型電源から逆潮流による系統電圧の上昇を抑制するために、 受電点の力率は系統側から見て進み力率とならないようにするのは 何故そのような根拠でしょうか。進み力率ですと 逆潮流が起きやすくなるためでしょうか。 遅れ力率ですと順潮流ということでしょうか。

工学 | 物理学135閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

これは電圧が高い場合に成立する近似式(直流法)だけど、リアクタンスをX、位相差をΔθとした時、バスi (Vi∠θi)からバスj(Vj∠θi)に流れる有効電力Pijは、Pij=X(θi-θj)となります。注:ただし単位はp.u.とする。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:5/26 23:53