ID非公開

2022/5/24 16:09

44回答

給料の振り込みと金額間違いについて 外部委託、内部に経理がいない会社にお勤めの方、意見をお聞かせください。 自分の会社では給料の計算ミスがよくあります。

会計、経理、財務 | 税金45閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0
ID非公開

質問者2022/5/24 17:14

社長の手を煩わせない、一言でわかりやすかったです。ありがとうございます。

その他の回答(3件)

0

他人の回答にケチをつける気はないのですが、本質をとらえた意見が見られませんね。 誰が悪いか? 誰が間違っているのか? 給与計算にはそれなりの情報が必要です。 その情報は税理士が自発的に生み出せるものではないでしょう? 会社側から誰かが情報を発信している筈でしょう? 誰が情報を税理士に与えているのか? その情報に不足があるのか? 会社が与えた情報を税理士が正しく処理していないのか? これらを追求しない限り、誰が悪いかなんて判明しないし、改善も出来ませんよ。 情報を発信すべきが社長であり、その務めを果たしていないのであれば社長の責任です。 しかし、一般的にはそれは社長と言う立場の人の役目ではありませんがね。 「連携取ってない」の意味が不明ですが、税理士に情報発信する役目ではないという意味であれば、誰がやっているんですかね? 誰も居なくて税理士がまともに給与計算できる筈がありませんが。

ID非公開

質問者2022/5/24 17:10

ご回答ありがとうございます。 失礼ながら貴方様も本質をとらえてないように感じます。 「悪いのは誰か」という質問はしてません。 「部下の給料決定に携わる社長にも責任はあるし、それを管理する税理士にも責任はあるし、そして連携をとっていない点に関して、社長もちゃんと税理士さんと現状の把握を行なってください」と伝えていい場面でしょうか?わたくしの考えは間違っていますか?と聞いています。 ありがとうございました。

0

当然、決められた日に正しく計算された給与が従業員に支払われる事は、労働者に対する経営者の義務です。 また、委託を受けた業務に対して失念や間違いのないようにするのは税理士の義務です。

ID非公開

質問者2022/5/24 17:13

ご回答ありがとうございます。 社長が給料に関して情報を伝達・開示→税理士がそれをもとに計算・給与明細が社長の元に届く→それを部下に配布するのは社長 ですが、内容の最終確認の有無に関わらず、全面的に税理士側の不手際に責任があるという認識でいいのですね。

0

外部委託しておいて、間違い多発って、税理士を変えるべきでしょう。 決算も間違いがあるかも知れませんよ。

ID非公開

質問者2022/5/24 17:15

間違いあるかもしれませんね。。 商品を注文して届いたら検品するように、書類や明細も最終的には社長が確認する者なのだと思っていました。 ありがとうございました。