清水エスパルスを、企業の持ち物でないことから「Jリーグのチームとして理想の経営形態」と言う人たちもいたと聞きます。

画像

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

エスパルスは97年に当時の運営会社が破産して、クラブも消滅しかかったという歴史があります。 今後も消滅がありえない、とは言えないでしょう。 (どこのクラブも同じですが)

0

スポンサーが減ったら、大打撃ですが、それで消滅はないですね。その場合は、クラブ規模を縮小してやっていくだけです。 年間の事業規模は、ざっくり J1で20億円〜60億円。 J2で8億〜25億円。 J3で3億〜10億円。 エスパルスは、45億円でリーグ9位。 事業規模に対しての結果(順位)は良いとは言えず、使っているお金を上手く活用し切れていない感はありますが、地元中小企業の社長さんが、エスパルスサポーターで、スポンサーもやっているようなケースも多々あり、降格でごっそりいなくなるということはないでしょうね。 リーグ上位、J2だったら殆どチート級の資産規模を維持できる可能性大なので、降格して即クラブ消滅はさすがに考えにくいです。 ずーっと下位カテゴリーに留まる場合、ジワジワファンやスポンサーが減るかもしれませんが、その場合はその資産規模に応じてクラブの運営も縮小することで、身の丈に合った地方クラブとして維持は十分可能だと思います。現に多くのJ2クラブは、今のエスパルスの1/3とか1/4の運営費でやりくりしているところが多数ありますから。