ハンガーノックという症状になった時は、 飴玉1個でも舐めると全然違いますか?

自転車、サイクリング | 登山1,337閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ありがとうございました。 充分でないにしろ、一時的な回復には多少有効なんですね。

お礼日時:6/13 8:47

その他の回答(17件)

0

「はんがーのっくいいたいだけなんちゃうんか」 というとシャンとします。

4

本当はそうなる前に休憩&補給なのだけど…、 なってしまったらしょうがない。 直ちに休憩、水を飲む、糖分補給、さらに水を飲む。 糖分補給は、飴玉、チョコレート、何でも良いから、口に入るもの。 休憩後に歩き出すとき、飴玉を口に入れておこう。 そうならないよう、すぐに口に入れられるよう、 常に飴玉をポケットに入れておくと良いと思う。 疲れると甘いもの(糖分)がほしくなる。 疲労が進むと酸っぱいものがほしくなる。 さらに進行するとしょっぱいもの(塩分)がほしくなる。 こうなると脱水症状が出ているわけで、かなりヤバい。 この変化を頭に入れておくこと。

4人がナイス!しています

0

糖が即脳の栄養になるので瞬間的には回復するのかも知れませんが、ハンガーノックの症状が出た時点ですぐに休まないと危険ですよ。頭が働かないので自転車だとコースはずれて落車転倒しても不思議ではない。 水があれば脂肪を使ってエネルギーがちょっとずつ回復してくるのでそれまでは動かない。1時間とかある程度時間がかかります。普通はそうならないように2時間おきぐらいにお腹空いていなくても糖質または炭水化物系のものを食べる必要があります。

1

ハンガーノックになったらそんな思考力すら無くなります。もう、このまま死ぬかもしれないと思うくらい不安で気力も判断力もなくなります。

1人がナイス!しています