ブラックホールは光さえも脱出出来ないと言われるほど、重量がありますよね? 電気や熱(放射)等。この世の全てを飲み込むことが出来るんですか?

補足

誤字:重量じゃなくて、重力。

物理学 | 天文、宇宙241閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました

お礼日時:7/3 12:31

その他の回答(5件)

0

> ブラックホールは光さえも脱出出来ないと言われるほど、重力がありますよね?電気や熱(放射)等。この世の全てを飲み込むことが出来るんですか? 電気や熱は単独では存在できず、物質または光と共にあります。したがって、電気や熱はその物質や光と共に飲み込まれます。 > この世の全てを飲み込むことが出来るんですか? → ブラックホールの飲み込む力と宇宙の膨張の広がる力のどちらが大きいかという話になります。現状では、宇宙の膨張の広がる力の方が大きいので、ブラックホールがこの世のすべてを飲み込むことはないと考えられています。

多々良男爵の間違いについてコメントしておきます。 > つまり、もし巨大な質量の天体の脱出速度が「光速(約30万km/秒)」を上回る状態になればその天体の重力圏から脱出する事は理論上不可能という事になります。 → 男爵は「脱出速度」の意味も理解できていないようです。脱出速度というのは、初速度だけで脱出するための速度です。しかし、普通の天体であれば、ゆっくりゆっくりでも力を加え続ければ、脱出速度以下でも脱出できます。それでも脱出できないのがブラックホールなのです。 ブラックホールを脱出速度で考えるのは大きな間違いです。

0

極小範囲に質量が集まり過ぎるとブラックホール(BH)となります。 BH方程式について(見やすいです)→ https://note.com/morikita/n/n9a344c59bc71 物質の有無は置いておいて、、 重力は空間を歪める=空間が歪むと重力が発生する です。 BHは、穴とか落ちるとか 二次元の渦穴の構造図で表現されるので勘違いしがちですが、 空間の極端な歪みがBHの正体だと思います。 BH内の空間はBH中心方向に向かって歪んでいるらしいです。 そうなると電磁波(光や熱)は空間に沿って進むので、一旦BH内に入ると通常空間と変わらず質量を持たない電磁波は何事もなく「空間に沿って光速で進んで行きます」 出てこれないと言う表現は少し間違いを含んでいる表現ですので注意ください。 別の考え方では、 もしかするとBH内は座標的な空間と言う概念のない空間となっていて空間が歪み質量を得ているのかもしれません。 いずれにしてもBHは空間が歪み、質量を得ています。 BHが通常物質(ガスや塵など)を取り込めるか?☞ 分かりません。 分かりませんが、恐らく物質は通常物質のままではBHに入れないと思います。 E=MC2 ですのでM(質量)はC(光速)とに分かれてエネルギーに還元されエネルギーEとしてBHに合体されるのではなどと想像します。 --すぷ雷人--

0

>この世の全てを飲み込むことが出来るんですか? いいえ。ブラックホールとはいえ「天体」です。重力の伝播自体は他の天体と変わりません。 例えば仮に、太陽と同じ質量のブラックホールが太陽系の中心にポンと存在した場合、太陽系の惑星がみんな急にブラックホールに落ちてしまうかっていうと、そんなことないんです。 重力というのは2体間の質量の和と、その距離によって決まるので、上記のような事象が起こったとしても、太陽系の惑星はこれまで通り公転するんです。 ブラックホールでは単純に、「脱出速度が光速以上になる距離(シュヴァルツシルト半径)が天体の半径よりも大きいだけ」なんです。

0

ある星から受ける重力の強さは星の質量に比例し、星の中心からの距離に反比例します。もしも地球と同じ質量で地球より小さな星があったとしたら、その星の表面はそれだけ星の中心に近いから表面の重力は地球より強くなるわけです。 ブラックホールというのは少なくとも太陽の数倍の質量を持っていた恒星が半径数km以下にまでギュッと押し潰されたものです(なお太陽の半径は約70万km)。それだけ中心に近いと重力も物凄く強くなり、光も何もかも逃げられなくなります。この何もかも逃げられなくなる距離をシュヴァルツシルト半径といいます。 シュヴァルツシルト半径より少し遠いところを通った光はブラックホールの重力によって進行方向を大きく捻じ曲げられますが、何とか逃げることが出来ます。さらにその外側にはブラックホールの周りを回っている円盤状の雲があります。この雲は物凄い高温で、電波やX線を出しながら徐々にブラックホールに接近していき、最期はその大部分が飲み込まれますが、一部はシュ(ry のすぐ外側をかすめて、円盤面に対して垂直な方向へジェット状に噴き出します。これらは地球からでも見ることが出来ます。