物価値上げ、でも年金引き下げ!?岸田首相は約束違反でしょうか? 年金は物価スライド制じゃーなかったのでしょうか? 年輩の知人からの質問です!?

補足

物価高は年金支給額に反映されない? 今は、物価スライドではなく、マクロ経済スライドです。 小泉純一郎首相が2004年の年金改革で、物価や賃金が上がっても、年金がそこまで上がらない仕組みを導入しました。これが、「マクロ経済スライド」です。 政府は、どうすれば支給額をカットできるのかと考えました。 そこで登場したのが、10万円のものが次の年には11万円になっても、年金の額を1万円増やすのではなく、調整して5000円だけ増やす(イメージ)という方法です。 2021年に、さらに新しいルールができました。 物価がどんなに上がっていても、賃金が下がっていたら、年金も賃金に合わせて支給額を下げるというものです。 そのため、2021年度の年金額は、物価が下がっていないのに、賃金が0下がったので、賃金年金も下がりました。 2022年の年金給付額はさらに下落 どんなに物価が上昇していても、賃金が下がれば年金給付額も下がる 2022年度の年金給付額は、なんと0.4%も下がりました。

事件、事故 | 年金86閲覧

ベストアンサー

0

小泉純一郎首相が2004年の年金改革で、物価や賃金が上がっても、年金がそこまで上がらない仕組みを導入しました。これが、「マクロ経済スライド」です。 政府は、どうすれば支給額をカットできるのかと考えました。 そこで登場したのが、10万円のものが次の年には11万円になっても、年金の額を1万円増やすのではなく、調整して5000円だけ増やす(イメージ)という方法です。 2021年に、さらに新しいルールができました。 物価がどんなに上がっていても、賃金が下がっていたら、年金も賃金に合わせて支給額を下げるというものです。 そのため、2021年度の年金額は、物価が下がっていないのに、賃金が0下がったので、賃金年金も下がりました。 2022年の年金給付額はさらに下落 どんなに物価が上昇していても、賃金が下がれば年金給付額も下がる 2022年度の年金給付額は、なんと0.4%も下がりました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

物価高は年金支給額に反映されない? 今は、物価スライドではなく 「マクロ経済スライド」です 小泉純一郎首相が2004年の年金改革で 物価や賃金が上がっても 年金がそこまで上がらない仕組みを導入しました。 2021年に、さらに新しいルールができました。 物価がどんなに上がっていても 賃金が下がっていたら 年金も賃金に合わせて支給額を下げるというものです。 皆様貴重な御回答有難うございました。

お礼日時:6/24 12:02

その他の回答(2件)

0

庶民が自民党を支持をしている為です。国会議員は社会保障費が足りないと言っているのにもかかわらず年収で3千万円位あります。そのしわ寄せを庶民に消費税増税をしている訳です。今回の政策も自民党は消費税減税を公約には上げていません。他の野党は消費税減税を言っています。

0

以前は、年金支給額は物価に連動して上がっていました。 しかし、年金の予算が厳しくなるのがわかりきっているため、年金支給額は国民の収入に連動して決まるように法律がかわりました。 今年はコロナ禍で国民の収入が減ったので、年金支給額も減りました。 働いている国民の収入が減っているのに、働かない老人の年金を上げるわけにはいかないでしょ。 昨年は上がりました。コロナがおさまってくれば来年は上がるでしょう。