ここから本文です

卓球を始めて2年目の中2女子です。初心者用のカットマンのラケットセットを購入...

ipp********さん

2009/5/1917:35:23

卓球を始めて2年目の中2女子です。初心者用のカットマンのラケットセットを購入しカットの練習をしてきました。両面ともに裏ソフトを貼っていたのですが、フォアとバックの変化差を大きくしたいので、フォア面に

粘着ラバーを、バック面につぶ高ラバーを貼るようにアドバイスを受けました。どんな組合せがよいのか、またスポンジの厚さも含めて教えていただけるとありがたいです。

閲覧数:
451
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bul********さん

2009/5/1922:59:13

フォアを粘着にしなくてもバックを粒高にすれば変化の差はできます。
フォアのラバーは別に今のままでも大丈夫でしょう。
今の状態ですと、フォアもバックも変えてしまっては慣れるのが大変です。
カットマン1~2年目はとてもデリケートです。慎重にフォームを作っていく必要があります。
しかし心機一転フォアもバックもラバーを変えるというのは、もっとがんばろう!という動機付けとしてはアリです。

バックは粒高にするならカールよりもフェイントロングⅡのほうがよろしいかと思います。
カールは、ほかのみなさんが言うように変化は大きいですが、しっかりしたスイングで切らないといけません。扱いが少し難しいです。
フェイントロングⅡはわかりやすく言うと、やわらかい感じなのでスイングスピードがそこまで早くなくても安定して返すことができます。
スポンジの厚さは、攻撃も時々したいなら薄でしょうが、カットやツッツキが主な場合は極薄でいいと思います。

ただ、粒高はツッツキやショートなど、すべての技術が裏ソフトとは別物になりますので、慣れるまで3ヶ月以上は覚悟して変えるつもりでいなければなりません。カットマンと同じですぐに結果がでるものではないということを頭にいれて、打たれてもあきらめないでください。
応援しております。

質問した人からのコメント

2009/5/20 08:53:02

降参 ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

all********さん

2009/5/1921:58:46

フォア面は攻撃も考えるならタキファイヤドライブの厚、守備に徹するならタキネスCHOPⅡの薄。バック面はカールP-1の特薄。カールP-1は使いこなすまで時間がかかりますが、変化は抜群に大きいので目的である変化差が出ますよ。

gra********さん

2009/5/1919:12:56

とりあえず扱いやすく回転を掛けやすいものがいいと思います。
粘着ラバーはバタフライのタキネスCやTSPのトリプルスピンの今までと同じ厚さ、粒高ラバーはフェイントソフトのゴクウスがいいと思います。
フェイントロングやカールもいいラバーですが、フェイントソフトはさらに安定性が高いので。

ume********さん

2009/5/1918:01:58

粒立はButterflyのフェイント・ロング系でTSPならカール系がいいでしょう

粘着性は人それぞれ好みがあるのですが、分からなければButterflyのタキファイヤ、タキネス系がいいでしょう。カットマンなら厚さは厚くても中がいいでしょう

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる