回答受付が終了しました

電池の直列並列について調べてみました。 直列にすると、「Vが上がるが、すぐに電池がなくなる」と歯切れの悪い解説ばかりでした。

電池 | 工学124閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

回答(5件)

0

もっと極端で単純な事を考えて当てはめてみると分かり易いです。 2本直列の電池で、片方が新品の電池、他の片方がヘタった電池だった場合どうなるかです。 そのトータルの電圧は2倍、でも電池の持ちはほぼゼロです。 何故ならヘタった電池の能力で全体の2本直列の暴力が制限されてしまうからです。 >電池2個を直列にしたら、電池1個に比べ、Vが2倍で、電池持ちが1/2ではないのでしょうか? -->この記述は’同じ’ヘタリ具合の電池を2本使った場合に電池の持ちは’1’です。つまり電池一本の場合と同じです。 前述した様にヘタリ具合が異なる電池2本の場合は,持ちはよりヘタった電池の持ちの能力と同じになります。

0

現実はそう単純ではありません。 取り出す電流の大きさによって電池から取り出せる電気の量(Ah)が変わってしまうからです。 添付したのはPanasonicが公表しているアルカリ乾電池の放電特性です。 (新品1.5V→9.0Vになるまでの時間) 縦軸、横軸とも1と10の間の線は2,3,4...と9まで8本書かれています。 (対数グラフと言います) LR6(単3型)で見てみましょう。 左のグラフ、200mAを流した時の「持ち」は約9.5時間ですが、半分の100mAを流した時の「持ち」は倍の19時間ではなく約22時間です。 右のグラフ、5Ωの抵抗を繋いだ時の「持ち」は約8.5時間ですが、10Ωだと約20時間になります。 実際の使用条件での電池の寿命はさらに複雑で、誤差では済ませられないレベルの差が生じますので、「初歩の電気」で正確な説明はできず、「歯切れの悪い解説」にならざるを得ないのです。 upa***さんの回答を見て、「大体はそんな感じだけど、実際は結構違う」と理解しておくのが良いと思います。 出典; https://industrial.panasonic.com/cdbs/www-data/pdf/AAC4000/AAC4000PJ1.pdf ご参考まで

画像
1

電荷で考えるんよ。 Ahは変わらないのでAが増えればhが減る。 負荷が純抵抗のときはVが増えるとAも増える。 それだけの話。

1人がナイス!しています

0

負荷が同じであれば、電池を直列にすると電圧(V)が2倍で電池の寿命(持ち)は同じです。 並列にすると電圧は同じで寿命は2倍になります。 寿命が半分になるのは、負荷が2倍になった時ですね。