回答受付が終了しました

GSX-RやCBRなどの現行系のリッターバイクの乾燥重量200kgチョイですが、これを車検に問題無く受かる(整備不良にもならない)、ように軽量化しようと思ったら、何kgくらい軽く出来るもんなんですか?

補足

YZF-R1は201kg ニンジャ1000SXは235kg

カスタマイズ145閲覧

回答(3件)

1

乾燥重量じゃなくって、装備重量ね。 部品の交換云々でできる範囲は頑張っても10kgぐらい。元々のパーツもものすごく軽い上に、外せる物も無いから、あまり軽量化はできない。 車検に引っかかる程軽くなんてできないからその辺は心配しなくても大丈夫です。(軽量部品が保安基準不適合なら別)

1人がナイス!しています

0

リチウムイオンバッテリー、 ホイール、 マフラーを交換しても、5Kg〜10Kgぐらいかと。

0

パワーウェイトレシオ的に gsxで1.03kg/ps 10kg削って1kg/ps 20kg削って0.928kg/ps 50kgで脅威の0.77kg/ps 費用対効果というか各メーカーで鍛え抜いたバイク達を軽量化して剛性などトレードオフしても大した差がないように思いました。 もっと廉価なラインナップならマフラーやホイール交換による軽量化が図れるけど、やれたらメーカーの開発力を超えるラインナップに思えます。。