回答(17件)

0

ハシモトホーム、 ダメダメ会社です。 こんなところに 仕事はあげたくないです。 ↓ 「侮辱賞状」青森の住宅会社 公式HPに謝罪文 「最大限誠意ある対応」原因など取りまとめ中 電話回線逼迫 6/23(木) 15:18配信 スポニチアネックス 「ハシモトホーム」公式ホームページに掲載された謝罪文 40代の男性社員=2018年に自殺=に賞状を模して侮辱する内容の書面を渡すなどし、遺族から今月20日に青森地裁に提訴された青森県八戸市の住宅会社「ハシモトホーム」が23日までに、一連の報道に対する謝罪文を公式サイトに掲載した。 今回の事態について、同社は「重く受けとめ、最大限誠意ある対応をとる所存でございます。現在、原因の調査並びに再発防止策の取りまとめを進めておりますので、取りまとめ次第、速やかに公表させていただきます」とした。 遺族はパワハラや長時間労働が自殺につながったとして、会社などに約8000万円の損害賠償を求め、提訴。会社側は「表彰の一環」と説明している。 「弊社に関する一連の報道について」と題した謝罪文は以下の通り。 平素、格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 現在弊社に関する報道がなされており、関係者の皆様にはご迷惑をお掛けしておりますこと、深くお詫び申し上げます。 弊社といたしましては本件を重く受けとめ、最大限誠意ある対応をとる所存でございます。 現在、原因の調査並びに再発防止策の取りまとめを進めておりますので、取りまとめ次第、速やかに公表させていただきますので、今しばらくお時間を賜れますと幸いです。 尚、本社並びに各支店に問い合わせ等のお電話を数多く頂戴しており、電話回線が逼迫したため、留守番電話に切り替えさせて頂いております。 何卒、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。 株式会社ハシモトホーム 代表取締役社長 橋本 吉徳 https://news.yahoo.co.jp/articles/26dd6fe6feb4744b353965b13f5aa2c2ab935ac9 「侮辱賞状」の住宅会社 社員への誹謗中傷に悲痛 「お控えいただきますようお願い申し上げます」 6/28(火) 13:07配信 スポニチアネックス 「ハシモトホーム」公式サイトに掲載されたお知らせ文 40代の男性社員=2018年に自殺=に賞状を模して侮辱する内容の書面を渡すなどし、遺族から今月20日に青森地裁に提訴された青森県八戸市の住宅会社「ハシモトホーム」が28日までに公式サイトを更新。社員への誹謗(ひぼう)中傷を書き込まないよう呼びかけた。 「弊社従業員に関するインターネット上への記載について」というタイトルで更新。 「弊社に関する一連の報道の件につきまして、お亡くなりになりました元従業員の方、ご遺族の皆様、関係者の皆様には多大なるご迷惑をお掛けしておりますこと、深くお詫び申し上げます。弊社といたしましては、今回の事態を重く受けとめ、最大限の対応をして参る所存でございます」と謝罪。 その上で「現在、インターネット上に、報道されております案件とは全く関係のない弊社従業員の名前等が掲載され、また誹謗中傷の書き込みもなされております」と現状を報告。 「今回の事態に関する責任は、全て弊社にございますので、弊社従業員の個人を特定するような記載、又は誹謗中傷につながる記載はお控えいただきますようお願い申し上げます」と呼びかけた。 同社は23日、一連の報道に対する謝罪文を公式サイトに掲載。「重く受けとめ、最大限誠意ある対応をとる所存でございます。現在、原因の調査並びに再発防止策の取りまとめを進めておりますので、取りまとめ次第、速やかに公表させていただきます」としていた。 遺族はパワハラや長時間労働が自殺につながったとして、会社などに約8000万円の損害賠償を求め、提訴。会社側は「表彰の一環」と説明している。 https://news.yahoo.co.jp/articles/d0ed88c2d22377c37a9b9175238d2dcf3c6eaa96 自殺社員への「侮辱賞状」、他の社員にも 社長「余興の域越え反省」 6/25(土) 21:14配信 朝日新聞デジタル 2018年1月にあった会社関係者の新年会で、男性が渡された「症状」。橋本吉徳社長によると、ほかの社員にも同様の文書が渡されていたという=遺族提供(画像の一部を黒塗りにしています) 青森県八戸市の住宅会社「ハシモトホーム」に勤めていた40代の男性が自殺し、侮辱する内容の賞状を渡されるなどのパワーハラスメントが原因だったとして遺族が提訴した問題で、同社の橋本吉徳社長は「余興の域を越えていたと深く反省しております」との見解を示した。朝日新聞の取材にメールで回答した。 【写真】2018年1月中旬の上司と男性のやり取り。「おまえバカか?」というメッセージが上司から送られている 遺族が同社と橋本社長を訴えた訴訟の訴状などによると、男性は2018年1月、会社関係者が集まる新年会で「症状」と題した賞状のような文書を渡された。 文書には「貴方は、今まで大した成績を残さず、あーあって感じ」などと、上司の考えた文言が書かれていた。男性は翌月に精神疾患を発症。その後自ら命を絶った。 この「症状」について橋本社長は、「10年ほど前から、年始行事の余興の一環として、営業成績上位の社員に渡していた。程度の差こそあれ、類似の内容だった」と説明した。 さらに橋本社長は、「社内においてパワハラが発生し、結果として、大切な従業員の命が犠牲となりました」とし、パワハラの結果、男性が自殺したとの認識を示した。 朝日新聞社 https://news.yahoo.co.jp/articles/6635018887c547d79f603807f4ceb300dd55b861 男性社員の自殺 「パワハラや過重労働が原因」遺族が住宅建築会社を提訴 6/23(木) 0:02配信 テレビ朝日系(ANN) All Nippon NewsNetwork(ANN) 住宅建築会社に勤めていた40代の男性が自殺したのは職場のパワーハラスメントや過重労働が原因だとして、遺族が約8000万円の損害賠償を求める訴えを起こしました。 訴状によりますと、青森県に本社がある「ハシモトホーム」に勤めていた当時40代の男性社員は会社の上司から日常的にメールや乱暴な言葉で叱責されたり、社員や関連会社の社員が参加した新年会で「あーあって感じ」などと書かれた「症状」と題した書面を渡されるなど、パワーハラスメントを受けていたということです。 そして、亡くなる直前の半年間には時間外労働が1カ月平均で60時間以上、直近1カ月間は約76時間に及び、過重労働となったことからうつ病などを発症し自殺したということです。 男性の家族は会社と社長に対し、社員の適切な労務管理や安全配慮義務を怠ったとして約8000万円の損害賠償を求めています。 訴えに対してハシモトホームは「訴状は届いていないので社としてコメントできない」としています。 テレビ朝日 https://news.yahoo.co.jp/articles/498236be17b57cbd234fa5ba548c8fd8f8c6494d

5

昔から評判は下の下です。もう、倒産するでしょう。

5人がナイス!しています

4

みんなハシモトホームに「症状」を送りましょう。

4人がナイス!しています