回答(2件)

0
ID非公開

2022/6/28 15:08

タレント、そのまんま東(東国原英夫)さんが高校時代に遭遇した話です。 宮崎県出身の東国原さん、当時12キロ離れた高校に自転車通学をしていました ある日の事、クラブ活動で遅くなってしまい通学路を必死に自転車をこいでいた 実は、その通学路の途中に大きな墓地があるのですが普段ならば其処を 迂回して帰路に着くのですが空もうっすらと薄暗くなり始めていた頃合い時 近道して行こうと、いつも通らない墓場を東国原さんは突っ切る事にした 自転車をこいでいたら、どこからか線香の香りが漂ってきた。 すると東国原さんが進む墓地の大通り、その道沿いの真新しいお墓に線香と小さな女の子の映った遺影の様な写真があったそうです 写真を横目に通り過ぎ、広大な墓地もようやっと半ばを過ぎた時、誰でも 自転車二人乗りをした経験がおありだと思いますが突然ペダルが重くなった 「止めて・・」と、小さな女の子の声が自分の背後から聞こえた。 おそるおそる視線を下へ移すと腰の辺りに真っ白な子供の手がしがみついていた (うわぁー、お化けが出たー!) パニックになった東国原さん無我夢中で自転車をこぐと墓地の出口付近でフッ・・とペダルが軽くなって自宅に辿り着く事が出来たそうです。 翌日学校で、級友達にその話をして帰り道・・再び、その墓場付近を通りますと東国原さんが見た、女の子の写真と墓石が跡形も無くなっていたそうです しかし、その日の深夜突然友人から一本の電話がありました 取り急ぎ、伝えたい事があると彼が語った話とは・・実は 友人の話では遠方から自転車通学して通う先輩が昔一人いたそうです やはり墓場付近を走っている時に少女の幽霊に掴まれた そして、一番怖ろしい話は・・・「東国原君、止まれ・・と言われなかったか」 実は、その墓場は曰くつきの場所で夜はおろか日中でさえ誰一人として通らない 最恐スポットして知られる場所でした もしも、少女に促されて自転車を停止させていたら連れて逝かれてた筈だぞ https://mnsatlas.com/?p=31495

2

京都府八幡市(ポンコツ街道)の自動車解体業者に中古の自動車部品を 買に行ったときの話です。 左側後部ドア・窓が割れただけが事故で破損したスポーツタイプの年式 の新しい解体車両が一台ありました。少しだけお金をかけらば十分に修 理をして乗れる状態です。「まだまだ乗れるのに潰すには、もったいな いな~」と思いました。 10メートルぐらい離れて見ると後部座席に7~8歳ぐらいの男の子が 寂しそうな顔をして乗っています。「あれっと思い近づいて見ると誰も 自動車には乗っていない」です。 気になって自動車の後部座席を見ると、「どす黒い大量の血の跡」があ り、誰かが事故で死んだのが一目瞭然でした。 解体業者の従業員(オバさん)に、「あの車を修理して乗りたいので値 段は?」と聞きましたら、「あれは、完全に潰してしまうので売れない です」と言われました。・・・買う気がないが興味があり聞きました。 解体業者から帰るときにもう一度見ると後部座席には、男の子(事故で 死んだ幽霊)が座っていましたね。

2人がナイス!しています