回答受付が終了しました

夏目漱石の「坑夫」を読んでいたら40代のカミさんが立ち小便してたんですが 当時のカミさんは立ち小便するんですか?

回答(7件)

1

子供の頃、畑でおばあさんが立ちしょんしているのをよく目撃しました 子供ながら衝撃的だったのを覚えています

1人がナイス!しています

0

三輪如鉄「大邱一斑」(1911年)に朝鮮在住日本人に対する苦言が箇条書きでありますが、その3つ目がそれです。 (以下引用) 一、褌布一つにて裸体を公衆に示して平然たり。甚しきは陰部まで露出するものあり。 一、婦人の身として腰巻一枚にて平然たるもの少からず。 一、婦人立ちながらにして、路傍に放尿するもの多し。 https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/766879/156

3

明治期の新聞には、現在のお茶女の前身だった学校の女生徒の中に、袴の裾をまくって立ちションするのが目立つけど、いかがなものかなんて書いてあるそうですから、明治期でも教養のある女性や良家の子女のすることじゃないとたしなめるほど、でもやってたんでしょうね。 昭和に入っても田舎なんかじゃ、モンペってのですか、ズボンみたいなの、あれを膝のあたりまで下げてね、中腰で(つまりしゃがまないで)ジャージャーやってましたよね。 若い人はやってたのかどうか記憶にないけど。 僕のひいお婆ちゃんなんかは手軽に、気楽に、鼻歌交じりでやってましたね。

3人がナイス!しています

0

しますね、ふつうに。 「斜陽」の「お母さま」でさえ、 「あずまやの傍の萩のしげみの奥」で、 「ちっともしゃがんでいらっしゃらない」のに「しんから可愛らしい感じ」で「おしっこ」なさるのに、 坑夫のカミさんくらいが、立小便の一つや二つ、しないもんですか。 >実際にどういう姿勢でするのかご存じなんでしょうか? >男性はその姿勢すらイメージできないと思います と言う人がいますが、 女の子の一人も育てたことがあれば、 ちょっと足を開き気味にして少し膝を曲げて腰を落とし(しゃがみません)、 スカートをたくし上げてやれば、スカートを汚さずに小用を足せるくらい、 知っていそうなもんですがね。 スカートを自分でたくし上げることができるくらいの年にもなったら、 さすがに外で用を足させるほど切羽詰まることもないので、 五歳より上の女子がどうするのかまでは、私も見たことありませんがね。

下の人は、 >女性の立小便は男性には滅多に目にできません >男性は日常的にどこででもしましたが、女性はそうでなく、 >珍しいことだから書き記された >大正生まれの祖母がする、そのただ一人 >他の女性で見たことはただの一度もありません (→女性は基本的に立小便をしない) という自分の回答の主文を、いつの間にか、 >「女性も昔はしていた」というのは、認識として正しくもあり、 とすり替えて、「私の回答主旨」ということにしてしまいました。 そもそも、最初の回答者さんは、 「そこらで」する、とおっしゃっただけで、 「そこら「中で」する」とはおっしゃってません。 私の挙げた例も、「お母さま」は「茂みの奥」でしています。 大小便をまる、という、「下」の営みを、 「そこら「中で」」しまくるはずがないことくらい、当たり前でしょう、犬じゃないんですから。 男性だって、道端で突然引っ張り出しはしませんよ。

0

そのくだり、「坑夫」のどこにありますか? 記憶にありませんし、見つかりません できましたらご教示願います 女性の立小便は男性には滅多に目にできません 男性は日常的にどこででもしましたが、女性はそうでなく、頻度がまるで違います 古典に書かれているということは、その頻度を保証しません 珍しいことだから書き記された側面も無視できません 私自身は実際に何度も見ていますが、それは大正生まれの祖母がする、そのただ一人です 他の女性で見たことはただの一度もありません 見て来たようなことを得々とのたまう回答がありますが、実際にどういう姿勢でするのかご存じなんでしょうか? 男性はその姿勢すらイメージできないと思います 私の祖母は何度も私の目の前でしましたが、場所も姿勢も固定で、いつも同じでした 男性のようにどこででもできる自由度は女性にはありませんでした