勉強中の者です。 オーディオインターフェースにアナログ信号送る時に、微弱な信号を増幅するためにマイクプリアンプってあるのですよね?

補足

また、入力の音を良くしたいのであれば、プリアンプを良くしたらいいのか、それとも、AD/DA のチップなのか、それとも別のものなのか教えていただけると幸いです。

DTM | オーディオ48閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん、本当にありがとうございました。 パワーディストリビューターなど使用してノイズを抑えつつ、インターフェースを少しいじってみることに興味があったので、プリとadcを見てみようかなと思います!ありがとうございました!

お礼日時:6/25 0:15

その他の回答(2件)

0

普通はライン録りにするからオーディオインターフェース側で二重に掛けることはしないと思うけどしたらそれは味付けされちゃうよね。 入力の音を良くしたいなら電源じゃないかな。AD/DAはあくまで「変換」だから。 最初にノイズまみれの音が入ってきたらそりゃノイズまみれの電気信号に変換されてしまうわけだし最初はノイズ対策、電気を綺麗にするところからですよ。

0

>オーディオインターフェースのプリアンプの音の味?は加算されるのでしょうか ライン入力の場合はaudio-i/oユニット内蔵のマイクアンプは通らない。 >入力の音を良くしたいのであれば プリアンプを良くしたらいいのか >それとも AD/DA のチップなのか それとも別のものなのか 現実には制作用の機材なのでadチップやその前のバッファアンプの音作りは 設計としては特定の個性ある音作りはしない・控えるのでどの機種も大差ない。 やはり外付けマイクアンプの音質がかなり左右するかと・・・これも制作用だけど マイクアンプの場合はメーカーの設計意図ごとに個性を主張するのでね・・・だた 個性豊かになるのは概ね高額価格帯の製品だけどね・・・。