本マグロの赤身を江戸時代には捨てていたそうですが、なぜですか?魚

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

冷蔵庫の無い時代、劣化しやすい油の多いトロの部分は、異臭を放ちやすいので捨てていました。 赤身も醤油漬けにすることが普通でした。 サンマも脂の多いものは、干物にしても劣化が早く臭いものでした。脂の抜けたサンマの干物が珍重されました。

0

マグロは腐りやすく油身が多いです。冷凍技術がない江戸時代では不味い魚と認識されていました。

1

冷凍、冷蔵技術がなかった時代 多くは塩漬けとか醤油漬けなんて保存方法を取っていたので赤身を捨てていたのではなく赤身だけ食べられていたと聞いたことがあります。 脂身が多いと腐ってしまうからだそうです。 マグロは大量に獲れ大衆魚として庶民の食べ物だったらしい。

1人がナイス!しています