方向指示器の出し方と事故の過失割合について。 ※図を添付し忘れたため再投稿します

画像

交通事故195閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

先ほどは失礼しました。ご回答ありがとうございます。 やはりウインカーを逆に出すのは過失修正項目になるのですよね。 ちなみにどのくらいの過失修正になるかというのはご存じでしょうか?調べると「ウインカー出し忘れは+10%」とかはあるのですが、「逆にウインカー出してた場合」の過失修正が見付からず… 合図不履行と一緒くたにまとめられそうな気もしますが、現実にバイクからしたら合図不履行と逆ウインカーじゃ大違いな気がしてます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんありがとうございました。 こちらの方の回答が一番しっくり来たのでBAとさせて頂きます。 ついでに、十字路で「対向車が右ウインカー出してるから、曲がると思って右折したら直進してきて事故」の扱いも気になったので調べてみようと思います。 「知り合いのお巡りさんから聞いた話」を教えてくれると言ってくれた方が、結局教えてくれなかったのが残念ですが…また機会が有れば是非。

お礼日時:7/2 15:18

その他の回答(2件)

0

この場合は右ウインカーが正解ですね。 本線に親友する場合と車線変更の違いは、氏入角度によると思います。 並列した車線から右に移る場合は右ウインカー、横から親友するなら左ウインカー。 そして、ウインカーに限らず、追い越し事故はほとんどが追い越す方の「だろう」運転が大半で過失割合+過失調整で考えてもこのバイクがおかしいですね。動くまで待つか、安全な感覚を空けてすり抜けるか、追い越した時点で再度後ろを確認すれば防げます。 逆に車視点から言えば勝手に追い越してきて急に飛び出てきた感じでしょう。

一般的に考えてウインカーは法的にどっちを出すかではなく、自分以外が安全に確認できるように出す合図ととらえれば、斜めからの侵入でどちらを出せばいいかわからないときは、本線車両が優先して確認できる右側を出すのが常識な考え方となると思います。