話題の同性婚問題。

ベストアンサー

0

有難う御座います。 分かり易いです。 争点の肝分かたので簡単に解決しました。 養子制度で同性婚認めているので、訴える側の主張が非法律的な理由でもあるようですね。 ペット販売禁止伴わない動物愛護運動、養子制度無視した同性婚要求。 メディア報道が間違ってると思います。

その他の回答(4件)

0

憲法24条1項においては、婚姻について「両性の合意」や「夫婦」との文言が、2項においても「両性の本質的平等」との文言が用いられており、これらの文言は、婚姻が男女から成ることを意味するものと解するのが通常の文理解釈である。明治民法の起草過程においても、婚姻は異性間でするものであることが当時から当然の前提とされ、同性間で婚姻をすることができないことはあえて民法に規定を置くまでもないものと考えられていた。憲法24条の起草過程でも「男女両性」等の文言が用いられ、同条の要請を受けた民法改正においても、その起草過程で同性間の婚姻について議論された形跡はない。このような憲法24条の文理や制定経緯等に照らすと、同条1項における「婚姻」は、異性間の婚姻のみを指し、同性間の婚姻を含むものではないと認めるのが相当である。 よって、憲法24条1項から導かれる婚姻をするについての自由は、異性間についてのみ及ぶものと解される。 もっとも、憲法24条1項が設けられた趣旨は、明治民法における旧来の封建的な家制度を否定し、個人の尊厳の観点から婚姻が当事者間の自由かつ平等な意思決定である合意にのみ委ねられることを明らかにする点にあることに加え、誰と婚姻をするのかの選択は個人の自己実現そのものであって、同性愛者にも異性愛者と同様の婚姻又はこれに準ずる制度を認めることは、憲法の普遍的価値である個人の尊厳や多様な人々の共生の理念に沿うものでこそあれ、これに抵触するものでないことからすると、憲法24条1項が異性間の婚姻のみを定めているからといって、同性間の婚姻又はこれに準ずる制度を構築することを禁止する趣旨であるとまで解すべきではない。 https://www.huffingtonpost.jp/entry/marriage-equality-osaka-ruling_jp_62aadeb8e4b0cdccbe596640

0

男性と女性という解釈ですが 男性と男性、女性と女性、双方のという意味に解釈するようにしようと思えばできなくもないでしょう。 〝自衛隊〟と同じでどうしたいかですね。

0

調べるのにちょっと時間が掛かるから貴方が調べてね。 「両性の合意」と言うのが明記されているが、それが憲法に違反しているというのが、同姓婚主張者の言い分です。多分憲法24条?と17条?だったかに、それに反する内容が書かれていることを主張している。同性婚問題で、彼らに最大の不利な文があるんだが、それを子供のいない男女夫婦も実在しているんじゃあないか、と屁理屈をつけている。 憲法違反と言うのは、憲法に憲法が違反していることが条件になる。 両性の同意によって子孫を持つことを憲法に明記されているんだが、子供のいない夫婦は憲法違反をしている、それを認めるという事は我々も認められるべきだという屁理屈だ。

憲法の条項が他の条項に違反している。解釈上は可能ですね。天皇の条項も他の条項に違反していますね。 仰るように屁理屈ですね。 憲法改正要求でないと整合しないですね。 自称護憲派弁護士と同じ考えかな? 勉強になります。