☺️ 【あなたならどれを選ぶ?】 . 南の海でのんびり船に乗っていると、突然1匹のイルカが現れました。 なんと、このイルカは人間の言葉をしゃべっています。

画像
補足

心理テストの意味を発表します! のんびりしているときは警戒心も薄れていますから、不注意によるミスも多くなるはず。 ゆったり気分でいるところに現れたイルカがどんな言葉をかけてくるのかを選ぶかで、あなたの「やってしまいがちなうっかりミス」と、「ミスが周りに与える迷惑のパターン」が見えてきます。 補足の文字数制限が少ないため、回答者がいなかった ③ 以外の回答者さんは、返信で心理テストの意味を順に伝えていきます。 もし、他の意味を知りたい場合は、他の回答者さんを参照してみて下さい。 ③ の「話を聞いていた」という答えは、あなたが「発言に関する失敗が多い」ことを表します。 友人の秘密をつい漏らしたり、何気ない言葉で相手を傷つけたりしてしまうことがあるようです。 悪気はないのでしょうが、調子に乗ると余計な言葉が出てしまう傾向があり。 この手のミスは、相手に大きな心理的ダメージを与えることも。 よって、考えながらしゃべるのではなく、考えてからしゃべるクセをつけるといいでしょう。

心理学 | シニアライフ、シルバーライフ189閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

④ の「珊瑚礁」という答えは、「ポジティブさの象徴」です。 うっかりミスが多いタイプですが、楽天的な性格なので、ミスをしても明るく対処できます。 そのキャラクターから、迷惑をかけられた周囲も「仕方ないか・・・」と、笑って許してしまいがちになるようです。 しかしそれに甘えていると、いつか笑ってすまされない大きなミスをしでかすかもしれません。 特に大勢の人との共同作業のときは、みんなの足を引っ張らないよう、いつもより注意深い行動をするといいでしょう。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答&参加をありがとうございました。 他のみなさんも回答&参加をありがとうございました。 (•ᵕᴗᵕ•)⁾⁾ぺこ

お礼日時:7/2 18:51

その他の回答(9件)

0

①ですねぇ。 そんでもって、こう尋ねてみたいですね。 「ア、アナタは、本当は、イルカの皮を被ったサメなんじゃね?」 ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル クワッp( ゚Д゚)q

① の危険を知らせるセリフを選んだあなたは、「とても注意深い性格」です。 ミスして人に迷惑をかけるようなことは、まずないでしょう。 反面、常に気を張っているためか、ルーズな人のミスが許せずビシビシ指摘してしまい、「かわいげのない人」と思われることも。 神経質になりすぎず、他人のミスにもう少し寛容になるといいでしょう。

0

お招き有り難うございましたm(_ _;)m ② で御願い致します

② の「宝物」という答えは、あなたが「警戒心に欠けている」ことを表します。 よって、あなたは次から次へと大小様々な失敗を繰り返してしまう傾向があるようです。 もちろん、周りにかかる迷惑は多大。 ただ周囲の人も時間がたつにつれて、あなたの失敗に慣れ、ミスすることを前提に接触してきますので、深刻な被害はもたらさないようです。 むしろ周囲の人に助けられ、意外と順調に暮らしていけそうです。 とはいえ、慎重さを身につける努力だけは忘れないようにしましょう。

0

⑥ のイルカにまで時間を確認されたあなたは、とにかく「忘れっぽいところからケアレスミスを起こしがち」のようです。 例えば、あなたは待ち合わせの場所を間違えたり、電車に荷物を置き忘れたり・・・そんな失敗も一度や二度ではないはず。 周囲に与える迷惑はケースバイケースですが、何よりあなた自身が損をしてしまいます。 よって、こまめにメモをとったり、スケジュールの確認を怠らないようにしたりするなど、自分なりの対策を練ってみるといいでしょう。

0

私的には 一番ですね

① の危険を知らせるセリフを選んだあなたは、「とても注意深い性格」です。 ミスして人に迷惑をかけるようなことは、まずないでしょう。 反面、常に気を張っているためか、ルーズな人のミスが許せずビシビシ指摘してしまい、「かわいげのない人」と思われることも。 神経質になりすぎず、他人のミスにもう少し寛容になるといいでしょう。

0

④ 向こうに綺麗な珊瑚礁があるよ!

④ の「珊瑚礁」という答えは、「ポジティブさの象徴」です。 うっかりミスが多いタイプですが、楽天的な性格なので、ミスをしても明るく対処できます。 そのキャラクターから、迷惑をかけられた周囲も「仕方ないか・・・」と、笑って許してしまいがちになるようです。 しかしそれに甘えていると、いつか笑ってすまされない大きなミスをしでかすかもしれません。 特に大勢の人との共同作業のときは、みんなの足を引っ張らないよう、いつもより注意深い行動をするといいでしょう。