2065年11月22日、金星の木星面通過が太陽の8°西で起きます。かなり太陽に近いですが望遠鏡で観ることはできますか?

画像

天文、宇宙 | 一般教養264閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答していただいた皆様ありがとうございました!

お礼日時:7/1 21:06

その他の回答(1件)

1

かなり天文に詳しいですね。 残念ながら、太陽のわずか8°西で起こるため、肉眼で見ることはできないの。 もし太陽から離れた場所で同じ現象が起きても、木星の表面を金星が通過するのは見えませんよ。確かに大ききさでは、金星より木星がずっと大きいです。でも金星の方が地球にうんと近いです。このため地球からは、木星より金星がずっと大きく見えますよ。おそらく金星に木星が隠れてしまうでしょう。 2065年11月22日、68歳の私には生きていません。若い方が羨ましい!

1人がナイス!しています

この時、金星は外合に近いため視直径10.6″と小さく見え、木星の視直径30.9″のおよそ⅓なので、上の想像図のようになるはずです。 問題は太陽からの離角が8°しかなく、日出の30分前くらいに昇ってくるため、空がかなり明るくなっていることや、高度が低いことなどから観測が難しいことは確かだと思います。