あまりにも早く電気自動車が普及してしまうと不都合なので、世界中の業界が結託して、普及のスピードを遅らせているんでしょうか?

新車 | 会社情報、業界市場リサーチ138閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

大変詳しく教えていただき、みなさん、ありがとうございました!

お礼日時:7/6 23:45

その他の回答(7件)

0

普及が遅れているのは業者のせいではなく消費者が誰も買わないから。 消費者が欲しがれば業者が消極的であっても売れるし予約が殺到するし毎日のように話題になってる。

1

高性能電池の実用化が、まだ出来ていません。 高性能電池は、今まで出来なかった電気を貯める事が、可能に成ります。 今のリーフですら4日分、将来的には10日分程度に成るでしょう。それが、9000万台有れば太陽光発電だけで、電気の余る時代に成るでしょうね。勿論クリーンで激安の電気です。 ただし日本車メーカーが、生き残れる可能性は、かなり低そうです。トヨタなんてあわてふためいている様にしか見えませんね。

1人がナイス!しています

0

電気自動車は 1.バッテリーやモータ等にはレアメタルやレアアースも含まれていて、バッテリーやモータ等を作るために資源破壊を伴う資源の採掘も含めて大きなエネルギーが必要となり、有害物質が含まれているバッテリー等の廃棄処分や資源の再利用も大変なので、地球環境に対する負荷も大きい。 2.現時点では、バッテリーの性能低下による航続距離の低下は、エンジン性能の低下による航続距離の低下を上回っていると思われる。 3.バッテリーが重いので、車重が増加した分ボディや足回りを補強したりタイヤを大きくしなければならないので、バッテリーによる重量以上に車重が増加し、走行のためにエンジン車以上のエネルギーが必要になる。 4.バッテリーの寿命を延ばすためにバッテリーを冷却する必要があるが、地球温暖化に伴って気温が今後上昇するので、バッテリーの冷却や室内の冷房のための電力がさらに必要になり、バッテリーの性能が向上しなければ今後は真夏の航続距離がさらに低下する事になる。 5.寒冷地はバッテリーの性能低下が問題になる恐れがあるし、電気自動車はエンジン車のように廃熱を使って暖房出来ないため、エンジン車以上に走行距離が低下する事になる。 6.電気自動車は電気自動車の普及に伴って価格の高騰が続くと考えられるているレアメタルやレアアースや銅等をエンジン車以上に利用しているため、またバッテリーが高価なため、エンジン車よりも本体価格が高く、資源価格の高騰によって今後も価格が上昇すると考えらられる。 7.バッテリーが高価なため、バッテリーがダメになると電気自動車を買い替えるユーザーが増える可能性があるため、エンジン車よりも買い替えサイクルが短くなり、自動車の製造や廃棄処分のためのエネルギーや廃車置き場がこれまで以上に必要になる可能性がある。 8.電気自動車の普及に伴って電気が足りなくなって電気代が高騰したり電力供給が不安定化する可能性がある。 と言う問題があると思うので、普及が進まないだけだと思いますよ。 尚、電気自動車先進国のイギリスや中国で起きている問題については、 https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/09/ev-3.php https://www.zaikei.co.jp/article/20210625/627349.html https://forbesjapan.com/articles/detail/42669 https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000223148.html を見てもらいたいのですが、電気自動車の普及のために原発に依存すると、福島第一原発事故のような大事故が再発し、今度こそ日本はオワコンになる可能性があるのではないでしょうか。

2

全く逆です。 アメリカの投機屋が、値上がりし続ける株を探して、 政府とマスコミを煽って、 EVを作ってる会社の株が上がるように仕向けた。 ただ、それだけのこと。 普及のスピードが遅い、とあなたが感じてるのなら、 EVがガソリン車に変わるには、航続距離があまりに短い、というどうしようもない欠点が解消されていないので、誰も買わないだけのことです。 ※といってEVの航続距離を伸ばすには、今使っている以上に多量のレアメタルを使うことになる。 現状でさえレアメタル鉱石採掘の為に、中国内陸などで広大な森林と草原を破壊し、むき出しとなった地面が日本に超熱波と超寒波とむせ返る程の黄砂を運んできているのに、これ以上採掘を増やしたら、どうなるのでしょう? レアメタル採掘の為の露天掘りによる森林と草原の破壊こそが、地表面の温度上昇の最大原因です。 これ以上レアメタル鉱石の採掘を増やせば、取り返しのつかない地表面温度の上昇と、水不足を招きます。 ※現状でさえ、都市部のエアコン需要の為に電力が逼迫して、火力発電所は最大限に稼働しています。 これに加えてEVが都市部に普及しさらに電力需要を増やしたらどうなるでしょう? しかも、都市部の電力不足を賄うため、と称して、都市周辺の田舎の森林を破壊し、電力供給が不安定な太陽光発電所を建設してる。 森林こそが地表面温度を調節し雨を生んでいるのに、破壊し続けてる。 そんなことをしてきながらさらにEVを普及させることに意味がありますか?

2人がナイス!しています