今海外旅行は、燃料の高騰と円安で高いので、しばらく待ったほうがいいと言われたのですが、そうなのですか?

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(14件)

0

円安はどうしようもありませんが、飛行機の運賃はさまざまな情報を入手しながら安いものを手に入れます。まずは時期をずらすとかサーチャージの高騰したANA、JALを避けるとか、お金でマイルを買えるエアラインのボーナスマイル時に購入しておくとか。フィンエアとかアラスカ航空とか。他の人が思いつかない乗り継ぎで直接エアライン予約で3万円くらいスカイスキャナー表示より安いのを見つけました。帰国時の現地PCR検査陰性証明書の提示は現在必須ですから面倒です。

1ドルが115円から135円に上がったと考えると円安になる前に115000円ホテルと現地の食費で使っていた人が135000円払わないとならなくなります。それと原油価格上昇は物価も少し上げています。飛行機を例年並みで取れるなら2万円強の出費で済みます。23万円使うと27万円強の出費になります。強というのは物価上昇分です。 この差額をどう考えるかです。ホテル代は外貨換算で若干下がっているようにも感じます。コロナのせいです。現地PCR検査と陰性証明書は3000円から30000円くらいです。国や検査機関による差が大きいです。

1

行きたい気持ちが懐事情にまけたらそうなりますよね。 なんかウクライナ情勢は関係ないという回答もありましたが、やはり燃油高なんかにはダイレクトに、それに伴う非資源国の弱さの露呈が伴い、しばらくは金融緩和一本の日銀がある限り、円安は進みますよ。 インバウンド万歳の自民等ですからね。円安容認です。 そのしばらくをどの位と捉えるかですよね。 数ヶ月で考えているのなら、まだ悪くなる可能性も強いですし。 数年単位で考えているのなら、待ってみるのも悪くない。 例えば一生に一度の散財旅行とかなら、差はすごい額になるでしょう。 けど、1週間やそこらで、高級な買い物めしないなら、皆普通に行きますよ。 チャンスを逃す方が痛い。 それより、今は帰国前のPCR検査がネックでは? 陽性出ちゃうと、陰性証明出るまで飛行機乗れなくなりますよ。

1人がナイス!しています

0

燃油価格の下落と円高を待っていたら、少なくとも今年は無理でしょうね。

0

ウクライナを出している人は、経済音痴ですよ。 根本的になぜ円安なのかを考えた事ありますか? それは、日本は財政赤字で国債を償還できないから、金融緩和、ゼロ金利。 それでも、償還できないことから、日銀が買取り。 それが、約10年続き、円の信頼価値はかなり下がっています。 円高、インフレにしますと、金利は上がります。 日銀が保有している国債を市場に売らないといけなくなります。 財政赤字のなかで、国債の償還となると、大増税となります。 自民党の支持母体の経団連などの減税措置を廃止しないといけなくなります。 なので、自民は表はインフレ。裏 は、デフレを推進。 円安は、どんどん進みます。 アメリカなどは、コロナ給付金を1人60万円ぐらいしたからインフレなんです。 石油も値上がりしている訳です。 行ける内に行った方がいいですね。