ID非公開

2022/6/30 13:37

66回答

『プレバト!!』夏井いつきの添削

補足

みんな真面目でびっくり。これは仮定ですよ。芭蕉の名もなく、たんなる俳句の初心者が作ったと仮定すればの話ですよ。権威はより大きい権威に弱いんだなと逆に分かっていいんですけど。テレビのあの言動から推察すれば、たぶんこう添削するだろうなと思ったわけです。だって、いっつもそう言っているじゃないですか。

5人が共感しています

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/7/1 9:26

笑 一服の清涼剤のような回答でありがとうございます。 ほんと、みんな真面目で遊びがないんだなあと納得。芭蕉が考えていた俳句の集まりってもっと遊びがあったと思うけどね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

岩盤のように堅い固い大俳人たちの回答の中、ほっと一息つけました。俳句は夏井さんがどう頑張ろうと、大俳人たちの回答を読むにつれ、逆に終わっていると思えました。ありがとうございます。 ところで夏井さんには代表的な作品があるんですか? 寡聞にしてしりませんが。でもまあ、その他大勢に紛れて、忘れ去られるんでしょうが。

お礼日時:7/1 10:25

その他の回答(5件)

2

芭蕉の句であることは明白なので、過去作の剽窃は善意であっても怒られます 正岡子規による俳句近代化よりも前の作品であるので、添削の観点が異なります

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/7/1 9:55

あのさあ、しつこいけど、か、て、い、遊びですから~。夏井某のテレビでの言動からすれば、そうするんじゃないのと言ってるだけです。だいたい誰が怒るのよ。

0

現代の俳句は季語のおまけ。昔のような叙情姓はありません。 型にのっとり季節があえばいいだけです。

ID非公開

質問者2022/7/1 9:57

なるほどね。そうかもしれませんね。夏井某がいい句と言っているのもなんだかなあと思うこともありますし、添削したのもなんだかなあと思うこともあります。回答してくれている皆さんの、頑ななのを見ても、俳句はもう死んでいるんだなと思いますわ。あるいは中高齢者の手慰みですな。若いのは参入しませんな。

5

私は俳句を嗜んでいますが、その句の完成度は見事なものです。 ・蛙が飛び込んだときに鳴った水の音に感動した句なので「水の音」は必要です。 ・話し言葉なら「古池に」とするのが正しいでしょうが、そうすると一気に散文的になるので、「や」で詠嘆するのが正しいです。 ・語順も映像の移り変わりがスムーズなので、まったく問題ありません。 夏井先生がこの句を添削するとは思えません。

5人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/7/1 8:56

ほんと? 毎週添削しまくっているじゃないですか、これはわかりきっているから余計だって。無名の初心者が作ったとすれば、きっとやるんじゃないですか。

1

夏井先生の添削は作者の意図を重視されています。 また原作が良い場合は、「私ならこうする」と補足も入れている。 夏井先生は俳句普及のために今の活動を続けているので、俳句そのものの良さは大事にするでしょう。 以前子供に普及させるための企画をやったが、失敗に終わった。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/7/1 8:58

子供はかえって素直だから、逆に言いようがないんだろうね。でも素直なのその感情、表現がいいと思うんだけどね。毎回添削した方が、え~って思うことも多いので。575の定型もけっこう無視しているし。

2

いいえ。この場合の添削とは発表前にもっと良くしたいから直してくださいとお願いされているからしていることで、作者が死んでいるのにするはずありません。

2人がナイス!しています

この返信は削除されました