宝塚歌劇団 月組 娘役さんについて

宝塚1,324閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答ありがとうございました。 『ふわっとさくらちゃんが上がってきた』なるほどです。 こちらのコメントに、何だか妙に納得してしまいましたので、ベストアンサーとさせていただきます。 私は花組ファンですが、華優希さんがふわっと上がってきて、沢山の花娘さんが退団してショックだったので、辞めずに努力した海乃さんをこれからも応援したいと思います。 皆さまありがとうございました。

お礼日時:7/1 22:06

その他の回答(3件)

1

④もちろん③までの3つも理由にあるとおもいますが たまちゃぴの頃のようにたまきちよりも娘役の人気が爆上がりだとトップとしての威厳がなくなってしまうので、少しファンから風当たりの強いさくらちゃんにしたのかなと個人的には思っていました。 また、先も見越してれいこと組ませるために保留させていたか、

1人がナイス!しています

ご回答ありがとうございました。 男役のトップさんありきですものね。 美園さくらさん、ファンの方から風当たりが強かったのですか? 私は最後の方しか知りませんが、歌が上手で、コメントに知性を感じる好きな娘役でした。珠城さんから最後に色々ありましたが、にこにこして、偉いなあと思っていました。人事は深いですね。

0

②だと思います。 美園さんは、確か「歌劇」の退団特集である演出家も仰っていたように、女優演技が強い娘役。 海乃さんはどちらかというと線が細く大人っぽい雰囲気なので、美園さんの方が『I AM FROM AUSTRIA』に合っていたと思います。 ③ではないと思います。 豪華なドレスは似合いますが、『エリザベート』の新人公演ではかなり緊張が見られましたし、女優演技がエリザベートの役柄に合っていませんでした。 どういった経緯で海乃さんのトップ就任が遅かったか、確実な理由はわかりかねます。 しかし別箱で何度もヒロイン役をし、最終的に超美形演技派の月城さんのお相手になれた海乃さんは、素晴らしい娘役人生だと思います。

ご回答ありがとうございました。 女優演技、なるほどです。 作品との巡り合わせですね。 海乃さんは、下級生に抜かされた形になってしまいましたが、いつも月城さんに愛されるお役で羨ましい限りです。

1

②が1番の理由じゃないですかね。 外部のミュージカル界では、演目上演の決定って3年前だそうです。宝塚では演者を集める手間は省けるけれども、IAFAを上演する契約をおそらく2年近く前から動いていたと推察しますし。 あとは、海ちゃんはやはりれいこちゃんの相手役にしたかったのだと思う。そのために待たせていたのかなぁ?と。

1人がナイス!しています

ご回答ありがとうございました。 上演、そんなに前から決まっているのですね。 IAFAの美園さんは金髪のかつらや、変装のつもりのホテルのユニフォームがよくお似合いでした。 海乃さんはママ役で、パレードの階段を一人で降りていたのが印象的でした。やはり、劇団に大事にされているのでしょうね。