中学受験して高校偏差値60くらいの中高一貫校に通う理由ってなんですか?公立中学にいって高校受験頑張る方が得じゃないですか?

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なるほど、皆が皆大学受験のことを考えているわけではないんですね!ありがとうございました!

お礼日時:7/1 19:02

その他の回答(1件)

0

私立の中高一貫校は公立中学とは環境が全然違います。公立中学は玉石混交ですから、劣等生が全体の足を引っ張ったりすることもあれば、酷い学校では不良生徒による授業の妨害が発生することもあります。 そのような環境では満足な高校受験勉強をすることができません。 でも、中高一貫校なら授業を妨害するような不良生徒がいる確率はかなり少ないですし、そもそも高校受験は不要ですから中学校の段階から大学受験に向けた準備ができます。 親としては6年間のそれなりに高い授業料を払ってでも、私立中高一貫校に入れることにメリットを感じる人は多いのです。 実際、私立中高一貫校で高校偏差値60くらい(中学偏差値45~50)の学校と、公立で偏差値60くらいの高校の進学実績を見ると、私立の方が良かったりもしますよ。 私は自分自身が90年代(ヤンキー世代)の荒れた公立中学と超絶平和な私立高校を両方経験しているので、公立中学に子供を入れたいなんて思わないです。