ワインについての質問です。 ざっくりとした質問なんですが気温の高い年のワインって当たり年になりやすいですか?それともハズレ年になりやすいですか?

ベストアンサー

0

ボルドーは、気温が高い年は当たり年になります。 反面、ブルゴーニュは気温が高いと必ずしも当たり年とは言えません。 これは元々ブルゴーニュ地方が気温が高い地域で気温の高い年だと高すぎるからという感じでしょうか?

その他の回答(4件)

0

そんなに簡単ではないです。 基本的には 「天候が良い→良い作柄」 ではありますが、近年の温暖化は生体系にとって深刻とも言えるでしょう。 気温が高いのは、基本的には、ブドウの糖度が上がり、アルコール度数があがりますが、酸は減る傾向にあります。 また温暖化は、ブルゴーニュあたりには基本的には良い影響でしょうけれど、ローヌや南イタリアにとっては要対策といえるでしょう。 フランス全体でも、熱さに強い品種が栽培される傾向があり、これには賛否があると思います。 また、ラニーニャによる高温は逆に霜や豪雨被害につながり、今年のフランスは霜害による影響が懸念されています。

0

これだけ暑いと 品種改良がおこなわれていて 新たな品種が改良されています。 その逆に 他の地域で 今までの品種を栽培しているので 新たな産地も沢山出てくるそうですよ。。。 温暖化に伴い 対策もされていますよ。。。(^_-)-☆