ID非公開

2022/7/1 23:19

55回答

仏教でいう因果律って何ですか? 時間が経てば経つほど結果を引き起こす原因は沢山あることになるので 現れた状態の善悪なんて言えないですよね? って言うか 心は起きた事件等で評価するものなの?

宗教224閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/7/2 20:27

因果倶時の場合 世界の見え方が心のありようとなるのですか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんありがとうございます。

お礼日時:7/2 22:12

その他の回答(4件)

0

原因があって結果がある、全ては繋がっているということだと思います。 仏教を紐解く時に、感情を交えてしまうと根底のものが見えなくなってしまいます。残酷な程の現実主義です。ありのままを説いております。 『心は、、、』と問うた時点で、自我ですよね。

ID非公開

質問者2022/7/2 22:10

仏教は心を問題にせず 真理なのですか? 真理が心に影響を与えることも問題にしないのですね? 心を問題にしない生き方が仏教なのですか?

0

仏教では、第一に意思が問題にされます。 悪い意思を原因にして悪い結果が生じるということです。 善い意思を原因にして善い結果が生じます。 それは、悪い行動、善い行動でも、それぞれ悪い結果、善い結果が生じます。 意思、行動を原因として結果が生じるということです。 仏教における善悪は、釈迦が、これは善いことだと言ったことが善で、これは悪いことだと言ったことが悪です。 善悪の基準は、釈迦なのです。 そしてそれは、道徳に類似と言っていいでしょう。 でも、仏教は、悟りを実現することが目的の教えです。 だから、悟りの実現の役に立つことが善であり、その障害になることが悪ということです。 そして、「善なるもの」の究極が悟りということでもあります。

原因には、遥かなる過去世からの原因もあれば、今世での原因もあり、それらが複雑に絡んで結果が起きるとされます。 例えば、道を歩いていて突然に殺されたとしたら、そういう結果を招いた原因は、自分で作ったものだ、ということになります。 犯人に殺されたのですが、そういう状況に遭遇した原因は、自分にあるということです。 他人のせいには出来ないのです。 仏教は、厳しい教えです。

0

仏教の因果の法則は「これがあれから、これがある。これが無ければこれはない。これが消えれば、これも消える」という法則で、これは化学や物理なども含めて、すべての物を支配しています。 善悪があるのはカンマ(カルマ。業)の法則で、これは善悪の感覚がある人だけを支配しています。

ID非公開

質問者2022/7/2 11:23

本人の主観が物理現象と共に巡り巡ってくるということですか?

0

仏教の因果律は、運命の法則です。 善い行いをすれば幸せな運命が生じ、 悪い行いをすれば不幸な運命が生じます。 ですから、善悪というのは状態ではありません。 基本的には 善とは幸せな運命を引き起こす行いのこと 悪とは不幸な運命を引き起こす行いのことです。 基本的なことは以下の記事などに書いてあるので 仏教でいう言葉の意味などを知ったほうがいいです。 https://true-buddhism.com/teachings/ingaoho/ 運命は、それまでの行いの組み合わせで生じますので、何が善で何が悪かを知って、自分の直面する現実に合わせて、少しでも悪の要素を減らし、善の要素を増やすということになります。 もちろん運命を引き起こした原因が必ず分かるわけではなく、 むしろ分からない時ばかりです。 ですが、人は幸せがくれば自分の行いがよいからだと思うのに、 苦しい運命がくると、他人のせいにするので、 苦しい時自分の行いをふりかえるだけでも有益です。