フランダースの犬はベルギーの作品なのにヨーロッパより日本で人気になったのは何故ですか?

アニメ | 日本史250閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(7件)

4

働きものの子どもと忠犬、バッドエンドというストーリーが日本人好みだったのです。大昔に日本で翻訳され日本では海外の名作物語であるという認識でずっと扱われていたのでアニメにもなりました。 アニメで初めて取り上げられて人気になったわけではないです。私もアニメを見る前に子ども向けの本で読んでいました。短い話なのに一年もアニメでやれるのかと子どもながらに当時思った記憶があります。

4人がナイス!しています

1

イギリス文学だからです。 ベルギーでは無関心です。 流行ったのは、実写化されたアメリカとアニメ化された日本だけです。

1人がナイス!しています

3

原文から日本語版が変わっているからのようです。 ーーーーーーーー マッカーサー回顧録原文には存在しない「天皇が我が身如何様なれど、国民の安寧願う。大いに尊敬した」一番有名な箇所です。宮内庁外務省合同で仰言っていないと発表された。

3人がナイス!しています

0

アニメの影響です。 似たような話で、サウンドオブミュージックで有名な 名作劇場の「トラップ一家物語」はオーストリアの話だが、 アメリカ映画なのでドレミの歌とか現地では知られていない。 知っていても、アメリカ映画の話と言われる。